ニュース
» 2018年08月14日 20時00分 公開

「好き」を諦めた主人公が大人になって行き詰まり…… 漫画「立ち止まっているあなたへ」に「心が揺さぶられた」「涙出そう」などの声が集まる

あなたの色はあなたの道の上にありますよ。

[あまにょん,ねとらぼ]

 「好きな色と成功は違う」「他の人と違う色だと変に見える」と言われ、“好きな色”を諦めた男の子が主人公の漫画「立ち止まっているあなたへ」が多数のリツイートや「いいね!」を集め、「心が揺さぶられた」「泣きそう」等のリプライが寄せられ話題となっています。


 カラフルなペンキの入ったバケツを持った男の子。「先生」に対して、「僕はこの色でこれからの道を塗りたいです!」と決意を語ります。しかし、先生は「ダメです。好きな色と成功は違うんです」と男の子の決意を否定します。「他の人と違う色だと変に見えるんです」と先生が勧めた色は、“社会”が好きな【この色】……。確かに、男の子の近くで道を塗っている人は皆【この色】を使っています。


画像 僕が塗りたい色と社会が好きな色は違う

 社会が好きな【この色】だけでペンキを塗り続け、大人になった主人公はふと疑問に思います。「この道で成功したら幸せになれるのか」「これは自分が好きな色なのか」と……。でも、今さら他の色を塗る方法が判らず、この先の人生をなんの色で塗ったらいいか分からない。もう、色を変えられない。色を変えるには遅いじゃないか……。「僕の前は白紙になってしまった」と絶望して座り込んでしまいます。そんな彼のもとに、彼に似た男の子が現れます。


画像 色を変えるのには遅い……


画像 どうしたらわからず座り込む主人公

 「この先は真っ白ですね。じゃあどんな色にもなれるんですね!」と男の子は言って、カラフルなペンキをぶちまけました。ずっと【この色】で描いてきた道に、自分のものかわからない色を目の前にぶちまけるなんて! 主人公は男の子に怒りますが、男の子は謝らず、むしろ意外な言葉を告げます。「これは【あなたの色】ですよ」と……。主人公の道を後ろからついてきたという男の子。その道の上に、カラフルなペンキが置いてあったと言うのです。諦めたはずの、好きな色が。


画像 カラフルなペンキを目の前にぶちまけた


画像 道の上に【あなたの色】のペンキがありましたよ

 カラフルなペンキは「昔から好きな色ですか?」と男の子に尋ねられ、主人公は好きな色だったことを認めます。でも、大人になってから急に色を変えられるのか……不安そうに問う主人公に男の子は言うのです。「“急に”じゃないですよ。【あなたの色】はずっとあなたの道にあったんですから」

 そして「ゆっくり一歩ずつ」色を変えていこうと導く男の子。それを聞いた主人公の目は【あなたの色】に染められます。なんだ、自分の人生、好きな色に染められるじゃないか……。


画像 【あなたの色】は急に現れていないんだ


画像 ゆっくり一歩ずつ変えられますよ

 その後のお話では、「先生」に言われて自分の色を決めたと話す男の子の姿が描かれています。「僕はこれからの道を一番好きな色で塗りたい!」と宣言する男子。それに対して主人公は「いいね」と一言。自分の過去を思い出しているかのようです。


画像 その後。自分の過去を見ているようです。

 とても抽象的な物語ではありますが、【あなたの色】は個性を差しているように見えます。生きるためには自分の個性を抑えて横並びでいることも多く、それで立ち止まってしまい行き詰まりを感じるかもしれません。しかし人にはそれぞれカラフルな個性があります。それを出していったっていいんだよ、ということをこの漫画は指しているのではないでしょうか。

 漫画の作者はTwitterやpixivでイラストを公開しているハヌル(@neulbaram)さん。以前も、努力してもうまくいかない主人公を描いた漫画「君自体が100点だよ」(関連記事)が話題になっています。

画像提供:ハヌル(@neulbaram)さん

あまにょん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声