ニュース
» 2018年08月16日 20時00分 公開

「コノコダーレ?」娘が指さす先には……? お風呂での恐怖体験描いた漫画がガチで怖い

幽霊は水場に出やすいとか……。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 Twitterで怖い話が集まるハッシュタグ「#夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください」に投稿された、恐怖体験を描いた漫画が背筋の凍る怖さです。描いたのは漫画家のきくまきさん。普段は娘さんとのほのぼのとした日常の漫画を書いていますが、今回は得体の知れないものを見た娘さんの話を漫画にしています。


先日怖かったこと コノコダーレ?

 きくまきさんが娘さんとお風呂に入っていたときのこと。娘さんがお風呂の扉を指差し「コノコダーレ?」と訪ねます。しかし扉の方を見ても誰もいません。「誰もいないよ」と伝えますが、娘さんには「オカオアルヨ、チャイロトクロノカオ〜」と2つの顔が見えているようでした。


先日怖かったこと 何か見える娘…

 娘さんから扉を開けるように頼まれるきくまきさんですが、得体の知れないものがいそうな恐怖から、開けるのを拒否します。しかし、娘さんから何度も頼まれたため勇気を出して扉を開けることに。勢いよく扉を開けると、さっきまで扉のところに見えていた顔はどこかへ消えたようで、娘さんは「アレ? イナクナッチャッタ」と不思議そうな表情をしていました。怖くなったきくまきさんは、何もなかったことにしたのだそうです。


先日怖かったこと 扉を開けると顔は消えた

 きくまきさんに、娘さんが以前にも不思議なものを見た経験はあるのか聞いたところ、今までこのようなことはなかったとのことでした。

 Twitterでは「うちの姪っ子も2歳の時 お風呂中に突然『おふろにおじさんいるね。おじさんだあれ』(風呂には姪っ子と母親しかいない)と言い出したそうです」「私自身、幼稚園児だった時に親類の家で、大人には見えないおじさんが見えました」「少し早めに帰省し御墓参りをした時、2歳長女と4歳次男が『なんか聞こえる』『へんなひといる』と言って泣き出し、大変でした!」など、自分の子どもや親戚が何かを見たことがある、自分も子どものときにいないはずのものを見た経験があるといった体験談が寄せられています。

 きくまきさんはブログで「娘が可愛すぎるんじゃ〜!」やコミックエッセイ猫劇場で「タレ目猫そむが可愛すぎるんじゃ〜!」を連載しています。普段のかわいい娘さんの様子は「娘が可愛すぎるんじゃ〜!」で見ることができますよ!

画像提供:きくまきさん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.