ニュース
» 2018年08月17日 15時38分 公開

ダットサントラックの流れを継ぐ骨太SUV 日産、タイで新型「Terra」発売 (1/2)

ごっついラダーフレーム構造の7人乗りSUV。東南アジア市場向け「M.O.V.E.to 2022」の一環。【画像*枚】

[agar,ねとらぼ]

 日産自動車は8月17日、SUV(スポーツタイプ多目的車)の新型「Terra(テラ)」をタイで発売すると発表しました。

Terra Terra(テラ)

 テラは、日産が東南アジア市場向けに開発したSUV車種です。ダットサントラックの流れを継ぐピックアップトラック「ナバラ」をベースとしており、本格的なクロスカントリー車などに使われるラダーフレーム構造の採用によって高い走破性を実現します。その走破性を生かし、東南アジア圏にある非舗装路での業務にも利用できる車種として、同社の中期計画「M.O.V.E.to 2022」の中でも重点を置いている分野の1つであるLCV(小型商用車)の第1弾と位置付けています。

ラダーフレーム構造で走破性を高めた ラダーフレーム構造で走破性を高めた

 車体サイズは4885(全長)×1865(幅)×1835(高さ)ミリ、最低地上高は225ミリ。3列シートを備え、乗車定員は7人です。2.3リッターのツインターボディーゼルエンジン「YS23DDTT」を搭載し、最大出力は190馬力、最大トルクは45.9kgf-m(450Nm)を発生します。タイでは8月17日から予約を受け付けるほか、中国やフィリピンなど市場でも発売済み。ただし、日本での販売予定は現時点ありません。

Terra タイでの発表会の様子

ラダーフレームといえばこちらも

新型ジムニー
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.