ニュース
» 2018年08月18日 15時00分 公開

巨大イルカの水しぶきがほぼ滝 シーパラで信じられない量の水をぶっかけられてきた(1/2 ページ)

全身クールミント状態。

[あだちまる子,ねとらぼ]

 「横浜・八景島シーパラダイス」(神奈川県横浜市)で巨大イルカに信じられない量の水をぶっかけられてきました。


滝行ならぬイルカ行ですやん

イルカショー バッシャーーーン

 シーパラの水族館「アクアミュージアム 〜五感体感LABO〜」のアクアスタジアムで毎日開催されている「海の動物たちのショー SEAPARA LIVE TV」。アシカのコミカルなパフォーマンスやイルカたちのダイナミックなジャンプを間近で楽しめると、子どもから大人まで大人気のエンターテインメントショーです。


イルカショー 風が吹き抜ける開放的な会場

 イルカショーといえば、水族館の中でも特に涼を感じられるイベント。筆者も幼い頃イルカショーを見たとき、イルカが飛び跳ねたときに上がる水しぶきをパラパラと浴びて、暑さを和らげた思い出があります。ショーの最前列に座れば服がぬれる程度の水を浴びてしまいそうですが、それもたかが知れたもの。うだるような暑さの中、カワウソと握手をしたりカピバラとマーラに取り囲まれたりピラニアに餌付けをしたりと、色んな意味で汗をかきながら生きものたちと触れ合った筆者は、シーパラの水かぶりイベント「スーパー水かぶりシート」で少し涼んでいくことにしました。





 2000人が収容できる会場で行われるショーは華やかで爽快。2017年11月に新設された大型LEDビジョンに流れるライブカメラの映像や演出、目の前で繰り広げられるセイウチやアシカのかわいらしいパフォーマンスに夢中になって楽しみました。


イルカショー 夢中で見入っていました

 はしゃぐ子どもたちの姿や小気味良いショーに十分に癒やされた頃にはショーも終盤に差し掛かり、いよいよ「スーパー水かぶりシート」へ。参加者たちが案内されたのはショーが行われているプールの裏側で、おそらく普段は入れないような場所です。この時点でいろいろと察した筆者ですが、ライフジャケットを渡され確信。そう、「スーパー水かぶりシート」とは、イルカたちが泳ぐプールにある座席に座って、これでもかってくらい全身ずぶぬれになろう! というシーパラの猛暑対策(?)イベントなのです。


イルカショー 「泣かない!! 立たない!! 怒らない!!」

 靴を脱ぎ、水の冷たさを足で感じながら座席へ。ショープール側から見る光景は、観客席から見る光景とは違う迫力があります。会場を盛り上げる音楽とともにショーがスタート。数頭の巨大イルカたちが登場し、さらに会場を盛り上げます。


イルカショー ここに座るのか

イルカショー 水がひんやり気持ちいい

 早速イルカがわれわれのもとに近づいてきて、尾びれでパシャパシャ肩慣らしスプラッシュ。かわいらしい量の水しぶきにキャッキャと喜んでいると、スピードを上げて近づいてきた巨大イルカが目の前で宙に浮き、そのまま水面にバシャーーーン!!! 水しぶき……というより、滝のような水が全身に降り注ぎます。


イルカショー ドキドキ

イルカショー 肩慣らしスプラッシュ

イルカショー トレーナーさんが合図をすると……

イルカショー スプラーーーシュッ!!!

イルカショー もいっちょ

イルカショー スプラーーーシュッ!!!

イルカショー すんごかった

 一度に水をここまでぶっかけられると、服が……とか、髪が……とか、全てがどうでもよくなりテンションMAX! 大迫力のパフォーマンスが目の前で繰り広げられている感動と、次のスプラッシュを欲する期待で高揚するばかりです。それに応えるように飛び跳ねるイルカたちに、夢中で拍手を浴びせる参加者たち。イルカたちとの一体感が生まれたような気がしました。


こんなに近くで見られることに感動します

イルカショー 特等席すぎる

イルカショー かわいいイルカさんたちを目の前で

 スプラッシュタイムが終わったあとも席に残り、優雅なイルカショーを堪能。ずぶぬれの服と体は太陽とサーフコースターで乾かし、夢見心地で家路についた筆者なのでした。


イルカショー びっしょびしょ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」