ニュース
» 2018年08月22日 12時01分 公開

「3年前から決めてました」 りゅうちぇる、賛否両論受けタトゥーを入れた理由を説明

父親の影響もあったようです。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 タレントのりゅうちぇるさんが8月21日にInstagramを更新。自身の両肩にそれぞれ妻のぺこ(本名:哲子)さん、長男のリンクくんの名前のタトゥーを入れたことで、ファンから賛否両論が上がったことを受け、「いろんな意見を、ありがとうございます。言いたいこと、きちんと書くね!!」として思いを明かしました。

りゅうちぇる ぺこ リンク タトゥー Instagram 両肩 ぺこさんとリンクくんの写真に添える形で理由を説明したりゅうちぇるさん(りゅうちぇるInstagramから)

 ファンからの反応は「それなりに予想はしてた」というりゅうちぇるさんですが、予想外の反響に「こんなにも偏見されるのかと思いました」(原文ママ)と心境を吐露。「今まで応援してくれていた方が、冷たいコメントだけを残し、ぼくのことを一瞬で嫌いになるのが本当ならおどろきです」と、一部のファンの心変わりに戸惑いを隠せない様子です。

 りゅうちぇるさんがタトゥーを入れようと決めたのは3年前のことで、「その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました」と、軽い気持ちで入れたわけではないことを説明しています。

りゅうちぇる ぺこ リンク タトゥー Instagram 両肩りゅうちぇる ぺこ リンク タトゥー Instagram 両肩 Instagramストーリーで披露した両肩のタトゥー(りゅうちぇるInstagramから)

 ファンからは、家族の名前を刻んだことで温泉やプールに行けなくなるのではないか、と心配する声も上がりましたが、それに対してりゅうちぇるさんは「ぼくたちは、日本の温泉や、プールには行かないとおもいます。その理由は名前を刻んだということとは関係ありません」と回答。リンクくんの顔出しを避けていることもあり、「子供の写真を盗撮されると困るし、子供がびっくりしたり、怖くなってしまうことが、あるかもしれない」との理由から、「大勢の人が集まる場所にはなかなか行かないと思います」とも。

 りゅうちぇるさんがタトゥーを入れたのには、りゅうちぇるさんが生まれたときに背中にドラゴンの絵を入れたという父親の影響も少なくなかったようで「だから、僕自身、偏見もなにもありませんでした。それも大きいかもしれません」とも。父親がタトゥーを入れたことで、りゅうちぇるさん自身は一度も嫌な思いや不自由をしたことはなかったそうで、リンクくんに対しても「僕たちだからこそしてあげられることもたくさんあるし、僕の身勝手な行動で 大切な子供の楽しい思い出作り、人生を邪魔することは絶対しません」と、父親としての覚悟を感じる言葉も残しています。

りゅうちぇる ぺこ リンク タトゥー Instagram 両肩 父親との幼いころの2ショット(りゅうちぇるInstagramから)

 タトゥーについて「隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです」とつづったりゅうちぇるさん。投稿には5000超のコメントが寄せられており、「貴方はとても素敵です」「ありのままで良いと思いますよ」「私はタトゥー賛成派ではないですが、りゅうちぇるの想いを批判する権利って誰にもないと思う」などポジティブ寄りの意見が多数を占めていますが、中には「欧米化されてきた日本の中でもこの問題ばかりは、肯定派と否定派が分かり合えることはないのではないかと個人的に思います」など冷静な意見も見られました。

 最後にりゅうちぇるさんは、「僕も色々こうしてSNSで発信することが怖いときもあります」としながら、「だけど何かにおびえて何もせずに生きててもこの社会は変わりません」「だから、今回も勇気を振り絞りました。共感してくれる方がもしいれば、自分らしく、そして社会を変えようという強い気持ちで一緒に明日も頑張ろうね」とのメッセージで締めくくりました。

関連キーワード

ぺこ&りゅうちぇる | 社会 | 芸能人 | 家族 | SNS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.