ニュース
» 2018年08月22日 21時00分 公開

誰にとってもひとごとではない「孤独死」「ごみ屋敷」 壮絶なミニチュアで知る“実情”

誰にでも起こる可能性がある。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 8月22〜24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で葬儀や終活などの展示会「エンディング産業展」が開催中です。その中の一角、遺品清掃・特殊清掃を手掛ける「ToDo-Company」のブースで、「孤独死」「ごみ屋敷」の現場を再現したミニチュア模型が展示されていました。

編集部注:本記事は「孤独死」の現場を再現したミニチュアの画像を掲載しています。


 ミニチュアは、ToDo-Companyのスタッフたちが実際に立ち会った現場を再現したもの。若手女性社員と、同じく若手の男性社員が手作りしています。ごみで散乱し足の踏み場がないほどの部屋や、入浴中に命を落として気付かれずに時間がたってしまったお風呂場、机の上に遺書の置かれた自殺現場……。思わず息が詰まります。写真撮影やSNSへの投稿が許可されていることもあり、ブースにはさまざまな年代の人が訪れ、カメラを構えていました。

エンディング産業展に出展したToDo-Companyの「孤独死」「ごみ屋敷」ミニチュア
遺品整理の現場
入浴中に命を落とし……
机の上、そして壁にメッセージが

 同社は1999年創業。2016年から、展示会でのミニチュア展示を行っています。担当者のみなさんに、展示のワケや「孤独死やごみ屋敷の実情」を聞きました。

「孤独死」は若者でも起こる

――なぜエンディング産業展でミニチュアの展示を行っているのでしょう。

 さまざまな依頼を受ける中で、3〜4年前は「まだ人と人のつながりがあった」と感じるようになりました。今は、「人を人と思わなくなっている」部分が見えます。こうして実際の現場をミニチュアにすることで分かりやすく伝え、ひいては「自分の親や親戚を大事にしよう」と思っていただければ……と思っています。

ALTALT トイレの中で亡くなってしまう(病死)ことも

――展示されている現場の中では「家族と連絡が取れたが、遺品受け取りや立ち会いなどを拒否された」「周りの住人も亡くなっていることにうすうす気づいていたが、巻き込まれることを恐れて何も言わなかった」などのケースがありますね……。若い方の孤独死現場も衝撃を受けました。

 はい、若い方の孤独死は増えています。日本ではかなり隠される部分だと思いますが、餓死が多いんです。

糖尿病の合併症で亡くなった30代前半の女性。飼っていたネコも4匹中2匹が死んでしまった
急性心不全で亡くなった20代男性。飼っていた犬が吠え、異臭もしていたが、近所の住人は「第1発見者になりたくない」と気付かないふりをしていた

――餓死……。

 派遣業などで生計を立てていたけれど、経済的に困窮してきて、電気代が払えなくてエアコンがつけられないし、食べ物も買えなくなってくる。身体も動かなくなってきて、眠っているうちに亡くなってしまう。ご遺体のそばにパック麦茶だけがある……といったケースは少なくありません。

 親御さんが「もっと仕送りしてあげればよかった」と悔やまれていましたが、そうではなく……若い人がいま、どうやって生きていけばいいのか分からなくなって、生きる力が弱くなっているという印象がありますね。

――ごみ屋敷はどういった方が多いんでしょうか。

 ほぼ若い方で、女性が多いです。

――意外です。勝手なイメージですが、独居男性に多いのかと思っていました。

 みなさんそういうイメージを持っているようですが、女性が圧倒的ですね。ストレス発散のためにものを買って、それがどんどんたまってきて、捨てられなくなってしまう。またよくあるきっかけが、近所に住む女性からのごみチェック。分別やごみ出しのルールが厳しい地域だと、他の人が出したごみ袋の中身をチェックして、注意する方もいますよね。その注意によって、ごみが出せなくなってしまうんです。

床から数10センチも積み上がったごみ屋敷

――その気持ちは、ちょっと分かってしまう気がします……。全体の傾向として、孤独死やごみ屋敷は増えているんでしょうか。

 増えていますし、そこに至るまでのスピードが加速しています。昔は兄弟姉妹が多かったので、そうなる前に片付けができたし、亡くなってしまったあとの発見や片付けも早かった。ですが今は兄弟がいる方も少ないですし、交流がないという場合も。家族や親戚が少なくても、「かかりつけ医と仲良くする」などのつながりがあることで、孤独死しても早く見つけてもらえます。

ALTALT 床だけではなく、梁にまで染み込んでいる場合も
ALTALT 上階から血が染み出してきて、大家さんが気付くパターンもあるそうです

 ブースでは、現場の実際の写真も展示してあります(※ご遺体などの写真はありません)。孤独死もごみ屋敷も「ひとごと」ではなく、家族や親戚、友達や自分にも起こりうるものだと痛感させられました。

 なお、エンディング産業展では葬式・墓・石・花・車など、さまざまなジャンルにわたる“人生の終わり”に関するビジネスの最前線を知ることができます。生花で作り上げた恐竜や、石職人が加工した巨大な拳(with麦わら帽子)など、「業界、こんな進化をしているのか……!」と驚くポイントがいっぱいです。

生花で恐竜(フォーシーズンズ)
石でできた拳と麦わら帽子(岡崎Masons)
納棺の実演(おくりびとアカデミー)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」