連載
» 2018年08月23日 18時00分 公開

3分に及ぶ「出産シーン」 「HUGっと!プリキュア」が子どもたちに伝えたかった“母の強さ”と”父の責任”サラリーマン、プリキュアを語る(2/2 ページ)

[kasumiねとらぼ]
前のページへ 1|2       

テーマから逃げない、「HUGっと!プリキュア」

 そもそも子ども向けアニメで、「出産」と真面目に向き合い、あいまいにすることなく、真正面から「出産により新しい命が生まれること」を描くのが、「HUGっと!プリキュア」のすごいところでもあります。

 「HUGっと!プリキュア」は、いつでもテーマを真正面から描きます。

 例えば、今回「生まれてくる命の尊さ」を表現したいのであれば、「子犬が産まれる」などにすることもできたはずですし、いじめ問題にしろ、「男の子だってお姫さまになれる」「人のこころを縛るな」などの多様性を示唆するセリフにしろ、決してあいまいな表現ではなく、真正面からの言及をしています。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 多様性が描かれるサブキャラクター、アンリ君

 「子育て」「命の誕生」「多様性」「女性の社会進出」といった難しいテーマを扱う本作品において、比喩的な表現では子どもたちに伝わりにくい、という判断をされているのか、もともとそういった表現を得意とする佐藤順一監督の意向なのかもしれませんが、少なくとも「直接的で強めのメッセージを子どもたちに届けよう」という意図を感じます。

 そして「あいまいな表現で逃げない」のは子どもに対しての信頼の証なのです。

 また、そのような直接的なメッセージから「家族の会話」へとつながっていくことを期待しているのではないかと僕は思っています。


カッコイイ大人を描く、「HUGっと!プリキュア」

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 小さいころのさあやと、母・れいらさん(YouTubeから)

 「HUGっと!プリキュア」では、例年のプリキュアシリーズにも増して、たくさんの「カッコイイ大人」が描写されています(第27話の女医さんもカッコよかったですよね)。

 プリキュアの両親たちもカッコよく描かれます。

 イジメを受けていたはなちゃんのために転校を決意し、はなちゃんにただ共感するはなの母・すみれさん。

 ホームセンターの店長で、育児から家事までこなし、はなちゃんに的確なアドバイスをするはなの父・森太郎さん。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 娘・はなに寄り添う、母・すみれさん

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 体格も性格も頼もしい、父・森太郎

 さあやの母・れいらは女優としての高みを目指し続け、さあやの目標となりました。

 それを支えるのは、専業主夫である夫・修司さん。「専業主夫」をかっこよく描くことにより、職業の多様性をも表現しています。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 さあやの母・れいらは、大女優(YouTubeから)

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 子育てと女優の両立には、社会の手助けがありました(YouTubeから)

 ほまれの両親は離婚していますが、お母さんは建築現場で明るく働いています。

 それを支えるのは、ほまれのおばあちゃんとおじいちゃん。離婚していても、決してマイナスな表現をすることなく、周りが支えることの大切さを描いています。

 縛られた家父長制から、多様性を認める家族へとなりつつある、愛崎家。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 兄・正人と妹・えみる

 アンドロイドであるルールーははなの家族に受け入れられました。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 野乃家に受け入れられ家族となったルールー

 多様な家族形態があり、それぞれの家庭が生き生きと描写されています。

 どんな家族形態においても「子どもたちに、大人のカッコイイ姿を見せる」という強いメッセージを感じます。

 もちろん、家族だけではなく、ブラック会社を辞め見事に新しい会社を興した元クライアス社の3人、26話でさあやの母・れいらと一緒に子育てをした撮影所の人々、タコ焼き屋の店主からデザイナーまで、みんな「カッコイイ大人」なのです。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 さあやは、両親と撮影所のみんなに育てられました

 「なんでもできる、なんでもなれる、輝く未来を抱きしめて」

 口でいうのは簡単ですが、それを実行するのには相当な困難が伴います。

 子どもたち無限の未来のためにも、ただ口で言うだけではなく、われわれ大人が「カッコいい姿」を子どもたちに見せていくことが大切なことじゃないのかな、と思います。

 現実では大学医学部の入試において女子の点数が不正に下げられていたことが報道された昨今。そんな時代に「なんでもできる、なんでもなれる、輝く未来を抱きしめて」を謳(うた)うプリキュアが放送されているのは、ある種の皮肉でもあり、また逆説的に未来への希望になっているのではないでしょうか。

(少なくとも、今の子どもたちが「なんでもできる、なんでもなれる未来」を作っていくことが、僕たち大人に課せられた使命なのだと、僕は思います)

 「子育てがテーマのプリキュア」を表現するためには、「そのプリキュアを育てた親を描く」
 「お仕事がテーマのプリキュア」を描くために「カッコよく仕事をしている大人を描く」

 「HUGっと!プリキュア」はいつでも「言葉」ではなく「行動」で示しているのです。

 (自戒を込めて)自分も子どもたちに恥ずかしくない生き方をしていきたいな、と思います。


はなの初恋の相手はジョージ・クライ?

 カッコイイ大人がたくさん出てくる「HUGっと!プリキュア」。もちろんカッコイイ大人を描くためには、アンチテーゼとしてのクライアス社の悪い大人たちの描写にも力を入れています。

 その最たるものが、プリキュアの敵組織、クライアス社の社長「ジョージ・クライ」です。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 クライアス社社長のジョージ・クライ(YouTubeから)

 『月刊アニメージュ』2018年9月号(徳間書店)のインタビュー記事では、座古監督によりジョージ・クライが「はなの初恋の相手」であることが明らかになりました。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 著者所有の『アニメージュ』2018年9月号(徳間書店)85ページ

はなにとって、ジョージは初恋の相手なんです。
 ――『アニメージュ』2018年9月号(徳間書店)85ページから引用


 「初恋の相手が、敵組織のボス」というのも少女漫画的な展開ではありますが、同インタビュー記事内で佐藤順一監督に「まあ、人でなしですよね(苦笑)」(84ページ)と言及される「ジョージ・クライ」。

 そんな「人でなし」にプリキュアがどう立ち向かっていくのか、今後の最大の焦点になっていくものと思われます。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 ジョージ・クライと野乃はな

ジョージ・クライという大人にどう立ち向かうのか?

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 ナイトプールでもジョージ・クライとの戦いを思い出し、恐怖するはなちゃん

 「HUGっと!プリキュア」もこれから後半戦へと突入、物語も大きく動いていきます。そこでもやはり「大人」がキーワードになっていくのではないでしょうか。

 「ジョージ・クライ」という大人にプリキュアがどう立ち向かっていくのか? ハリハム・ハリーという大人の男性を巡るほまれ、ビシンの戦いはどうなっていくのか?

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 ハリーと因縁のある敵ビシン

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 ほまれとハリーはどうなる……?

 ドクター・トラウムと、その娘(?)アンドロイドのルールーの関係はどうなっていくのか?

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア クライアス社 キュアマシェリ キュアアムール 出産 アンドロイドであるルールーを作ったのは敵の幹部、ドクタートラウムなのか?

 「HUGっと!プリキュア」は「子育て」をテーマにしているからこそ、丁寧に「大人」を描いています。今後の展開は、そんな「大人」の動向に注目してみると面白いのではないでしょうか。

 毎週のように驚かされる展開の続く「HUGっと!プリキュア」。

 この先も、本当に楽しみです。

(しかし……はなちゃんの初恋がジョージ・クライだった、ってのは結構……複雑な心境だったりする……)


「HUGっと!プリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」