ニュース
» 2018年08月23日 12時00分 公開

ハチロクからマイティボーイ、フェラーリまで “昭和臭”漂いまくり!! 「十日町クラシックカーミーティング」へ行ってみた(1/3 ページ)

あぁぁ何てカッコイイ「昭和の名車」。【写真:55枚】

[アサノユウキ,ねとらぼ]

 ハチロク、ハコスカ、ケンメリ、フロンテ、マイティボーイ、ジェミニ、512BBi、モトコンポ、ダルマセリカ、117クーペ、ダットサン、N360……あぁぁ、こんな車名を聞くと、脳内に昭和の香りがプンプンと漂ってきませんか?

ALT 「昭和の名車」たくさん 十日町クラシックカーミーティング

 2018年5月、新潟県十日町市で「十日町クラシックカーミーティング(T.C.C.M)」が開催されました。

 十日町クラシックカーミーティングは「生産から四半世紀(25年)以上」が経過した「あの時代を彩った懐かしいクルマ」が参加し、見て、交流して楽しめるクラシックカーイベントです。2018年は十日市卸売市場および地元企業・十日町生鮮食品の広い駐車場を会場に、多くの名車が集まりました。

photo 十日町クラシックカーミーティングのポスター。地元企業の協賛がすごく多いのも特長。地元に根ざしたイベントである証拠といえます

 車両参加資格は以下の通りです。

  • 初年度登録から25年以上が経過した、自走可能な四輪車、二輪車
  • 生産年度が新しくとも、実行委員会が認めた車両
  • 原則として、受付から閉会式まで展示が可能

 参加車のほとんどは、今も大切に車両を維持しており、愛車が好きでたまらないので、“それを分かち合いたい”“ジマンしたい”一般オーナーさんのものです。新潟県糸魚川市で毎年9月に行われている「日本海クラシックカーレビュー」(関連記事)よりは参加条件が緩めということもあり、比較的気軽に参加できるそうです。

ALT 2018年は卸売市場の広い駐車場が会場

 ではでは、どんな「昭和の名車」が参加していたのでしょう。どばんとカテゴリー別に紹介していきます。

今の軽より、何だかちっちゃくて丸くてかわいくて愛おしい:軽自動車編

スズキ・フロンテ360 LC10型(1970年式)

スズキ・フロンテ360 LC10型 スバル・360と同年代の軽自動車。1962年に初代が発売。1989年の7代目まで生産された息の長いクルマ

スズキ・フロンテ360 SS40型(1982年式)

ALT 5代目となるSS40型フロンテ。2018年8月現在も販売されている「アルト」はフロンテの姉妹車

スズキ・マイティボーイ(1983年式)

マイティボーイ セルボをベースに荷台を設けたピックアップトラックタイプの軽自動車。軽トラックと軽快・スポーティーさをいいとこ取りした「あの頃は良かった」的魅力がたまりません

スズキ・アルトワークス(1987年式)

アルトワークス アルトのスポーツモデルとして発売し、今なお高い人気があるかっ飛び系の軽。2015年には8代目アルトの派生モデルとして「ワークス」が待望の復活を遂げている

スバル・R-2/R-2-L(1971〜72年式)

スバル・R-2 ホンダ・N360のヒットを受けたスバルが、スバル・360を発展させた後継車として発売した車種。「L」シリーズは水冷エンジンを搭載している
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」