ニュース
» 2018年08月23日 13時50分 公開

殿、執筆の御支度を 恭しくペンをささげ持つ「カニペンホルダー」が人気

頼れる部下や相棒のようで、なんかやる気出そう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コミティアなどで販売されていた、ペンをささげ持ってくれるカニの造形「カニペンホルダー」がTwitterで好評を博しています。


カニペンホルダー かわいいし頼もしい

 掲げたハサミを大きく開き、カニがペンを支えるホルダー。その姿は刀を主人に差し出す従者のようで、とても頼もしく見えます。購入者のツイートがきっかけで人気を呼び、通販が一時停止されるほどになりました。


 これを個人で製作・販売しているのは、2017年のワンダーフェスティバルで、猫やカニのようじ置きが注目を集めたさかな(@ahnitol)さん(関連記事)。編集部が取材したところ、「普段はイベントなど限られた範囲でしか受け入れられなかったものが、広く興味を持っていただけてうれしいです」と、反響への感想を述べました。

 カニペンホルダーはもともと「ミニチュアの刀剣置き」として作ったもので、本来はハサミに太刀、目の上に小太刀を乗せるはずだったのだとか。これはカニのようじ置きとしても販売されましたが、お客さんからの要望で、ハサミを広げてペンを持てるようアレンジしたのだそうです。


ようじ置き 2017年のワンフェスに出品された、カニのようじ置き

 BOOTHでの通販用には50個の在庫を用意していたところ、エントリーから30分で完売したとのこと。発送作業が追い付かないこともあって通販は停止中ですが、カニペンホルダーは8月25日に秋葉原の高架下で催されるフリマにて、500円で販売するそうです。


カニペンホルダー カニペンホルダーは4色用意(各500円)

プルタブフック
プルタブフック ドリンク缶をつり下げられるフック(100円)。野外イベントなどで、フードを立ち食いするときに便利

ようじ猫 猫がようじを拾い集める、昔話チックな「ようじ拾い猫」(800円)

画像提供:さかな(@ahnitol)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた