ニュース
» 2018年08月23日 19時30分 公開

「ヨシ!」と指差確認する“現場猫”がネットで謎の流行 改変コラからリアル猫まで多ジャンルへ派生

意味はよく分からないけれどヨシ!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「現場猫」というイラストが、8月上旬から謎の流行を見せています。「工事現場用ヘルメットをかぶった猫の指差確認をする姿」が基本形なのですが、シチュエーションやキャラクターを改変したコラージュや造形化など、さまざまな派生形がTwitterに投稿されています


現場猫 Twitterで「現場猫」を画像検索。基本形は右下のイラストですが、圧倒的に派生形が多い

電話猫 「現場猫」をYahoo!リアルタイム検索で見ると、8月上旬とお盆明け、コミケの前後にヒット数が上昇している







 ブームは現実の猫にまで波及。「ねこ駅長」(関連記事)でおなじみの会津鉄道芦ノ牧温泉駅が、ねこ施設長・ぴーちの現場猫コスプレを披露するまでに至りました。


ねこ施設長 「会津鉄道・芦ノ牧温泉駅にいるニャ」(画像提供:らぶ駅長&ぴーち施設長公式アカウント


ねこ施設長 とにかくヨシ!(画像提供:らぶ駅長&ぴーち施設長公式アカウント

 現場猫はもともと、掲示板「ふたば☆ちゃんねる」の流行。イラストレーターのくまみね(@kumamine)さんが手掛けたオリジナルキャラクター「電話猫」の顔に、フリー素材などを加えて生み出されたものだとされています。


電話猫 ベースとなった「電話猫」(画像提供:くまみねさん)

電話猫電話猫 LINEスタンプも出ている(画像提供:くまみねさん)

電話猫電話猫 味わい深い(画像提供:くまみねさん)

 一連の盛り上がりについてどう思っているのか、元ネタの作者であるくまみねさんに聞いてみると、「暑かったから多いように見えたんじゃないですかね。ご安全に!」とのこと。権利周りについてはブログで「安全は現場に任せていますので、イラストのコラとかそんな感じのやつは泳がせています。なので『アレは無断コラなんじゃないの!?』とかは報告してもらわなくても大丈夫です」とコメントしています。

 8月23日現在はそれなりに落ち着きを見せている「現場猫」。今後の展開が気になるところです。


現場猫 (画像提供:くまみねさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響