コラム
» 2018年08月27日 11時00分 公開

【マンガ】「日本にも野生のサソリが生息している」って知ってた?

一応、毒針もあるとか。

[ねとらぼ]

 大きなハサミと、尾に針を持つサソリ。何となく「砂漠の生物」というイメージを持っていませんか? 実はサソリの生息範囲は広く、日本にも野生の個体が存在するのだとか。

 今回は、日本に生息するサソリの雑学をご紹介します。

解説

 サソリには、優に1000を超える種類があり、熱帯、温帯など世界各地に分布。日本ではちょっとマイナーな生物ですが、それでも2種だけ生息しているそうです。

 1つは石垣島、西表島などからなる八重山諸島に分布するヤエヤマサソリ。サソリの中では珍しい、単性生殖を行う種として知られています。全長は約4センチと小さいながらも、尾には毒針があるのですが……「毒性が非常に弱いうえに、針が人間の皮膚を貫通しない」ともいわれ、あまり危険視されていないようです。

 もう1つのマダラサソリは八重山諸島、宮古列島、小笠原諸島に分布するマダラサソリ。全長5〜7センチといわれ、ヤエヤマサソリよりは大きめ。ただし、こちらも毒性は弱いといわれています。

 この他、日本でサソリに遭遇する可能性として考えられるのは、例えば「輸入資材などに紛れこんだ個体が、港湾施設などで発見される」というもの。映画に出てくるような“猛毒を持つヤバいサソリ”に出会うとしたら、このようなケースかもしれません。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」