ニュース
» 2018年08月29日 13時18分 公開

思いっきり愛車を乗り回したい! それならば「バイク練習場」シェアします カーシェア・駐車場シェアのアース・カーが開始

まずは「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」の一画を借りられる。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「愛車をもっと自由に走らせたい」「運転うまくなりたい、スクロームなどの練習がしたい」「でも公道ではだめだし、近所で練習するにも迷惑がかかる……」

 カーシェア・駐車場シェアサービスを展開するアース・カーが8月22日、そんな悩みを抱えたライダーに向けてバイクの練習スペースを貸し出すサービス「特Pバイク練習所」を開始しました。これならば気兼ねなくバイクの練習ができそう。

スペース 借りられる練習スペースの例(袖ケ浦フォレスト・レースウェイ)

練習 これで気兼ねなく練習できそう

 特Pバイク練習所は、駐車場シェアリングサービス「特P」を運営するアース・カーが始めた新しいシェアサービス。運転技術を向上させたいライダーと遊休地を保有している地権者、双方の需要をマッチングさせて展開します。ユーザーはスマホアプリの操作で登録されたスペースを時間単位で借り受けて、利用できます。

アプリ 「特Pバイク練習場」利用画面(イメージ)

 背景には「個人のライダーが気軽にバイクを練習できるような広大な敷地がほとんどない」ことがあります。バイクはクルマよりも趣味性が高いことから、自己的に、自分の趣味として「もっとうまくなりたい」「自由に楽しみたい」と思うライダーは多いと想定されます。とはいえ、公道はともかく、他人の敷地や駐車場で練習するわけにはいきません。迷惑ですし、危険です。また、ライディングスクールや走行会などに参加する手段は費用や手間がかかることから、気軽とまではいかないかもしれません。

 こうして誕生したのが、広い場所を時間単位で貸りられる特Pバイク練習所ということになります。

千葉県「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」の一画を借りられる

レースウェイ 借りられる練習スペースとして登録されている「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」

 2018年8月現在、千葉県にある「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」内の一部、計3区画が練習スペースとして登録されており、最大で3000平方メートルのスペースを利用できます。サーキット内にあるガソリンスタンドも使えるとのことなので、借りた時間だけ、時間の許す限りバイクの練習が可能。個人やグループでの利用のほかに、バイクショップなどがプライベートイベントで使うこともできます。

 2018年10月末日までオープンキャンペーンを実施中。利用時間は平日10時〜16時の6時間。料金は、平日1万5000円/1区画(キャンペーン価格、以下同)、土日祝日は2万5000円/1区画です。

サーキット 「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」は自動車イベントなども行われる本格的なサーキット

 「若者のバイク離れ」が叫ばれ、二輪車の販売台数が減少しているなどとも報じられますが、趣味として「楽しい」「遊べる」を実現できる機会が増えれば、一緒にやろうよと誘いつつ、私もやってみたいと思う人も少なからず増えるはず。ともあれ、遊休地のシェアは、練習場や駐車場以外にも個人的趣味やイベントといった比較的小規模な需要ともマッチングできそうですね。今後の拡大に期待です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.