ニュース
» 2018年09月03日 19時40分 公開

ニチアサ勢騒然 フルタ製菓のCMが「ふるたん」になったので「フルタマン」はどうなったのか聞いてみた

「中身フルタマンだろ」との声も。【訂正】

[コンタケ,ねとらぼ]

 9月2日。いつも通りに始まったはずの休日の朝は、ニチアサ勢の大きな衝撃を持って迎えられました。「フルタマン」の消失、そして謎のアイドル「ふるたん」の登場。一体フルタマンはどこへ。そして、ふるたんとは一体。フルタ製菓に話を聞きました。


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ 謎の「ふるたん」(以下、画像はフルタ公式サイトから)

 「ニチアサ」とは、「プリキュア」「戦隊」「仮面ライダー」が放送される時間帯の通称。この枠では、一時期フルタ製菓のテレビCM「フルタマン」が放送され、その強烈なインパクトで毎回話題になっていました。

 「フルタマン」は、「Furuta」の文字と商品が描かれた全身タイツに、顔には仮面代わりに8の字型の「ハイエイトチョコ」というエキセントリックな衣装が特徴的なフルタ製菓公認ヒーロー。「地球のみんな! チョコ食べてるぅ〜?↑」と視聴者に声を掛けると、ハイエイトチョコ仮面を着けた「あおい」「ゆか」の2人の女性とともに、シュールな動きの「フルタイソウ」を踊ります。(関連記事)。


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ フルタマン


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ シュールである

 「フルタマン」のCMは2017年の9月〜12月まで放送され、4カ月間でニチアサ勢の記憶に深く刻まれます。そしてさらに2018年9月2日、その時は訪れました。新CM「ふるたん」放送開始。


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ わなげチョコを両手に踊ります


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ “ニチアサ感”がある


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ フルタといえばわなげチョコ

【訂正:2018年9月4日17時25分 初出でCMの放送時期が誤っておりました。1年間から9月〜12月までと訂正しました。】

【訂正:2018年9月4日18時20分 上記訂正に合わせ、文章の表現を修正しました。】

 ピンクヘアーの着ぐるみに身を包んだアイドル「ふるたん」が“わなげチョコ”を両手にキラキラと踊りながら歌うその光景は、「フルタマン」とのあまりのギャップに全視聴者騒然! 「フルタマンどこ行った」「中身フルタマンだろ」「フルタマンが転生した姿」など、さまざまな声が上がりました。

 一体何が起きたのか、フルタ製菓に話を聞きました。

―― ふるたんは何者なのでしょうか。

フルタ製菓:フルタ製菓のチョコレートの美味しさや楽しさを普及させるためやってきたチョコレートアイドルです。

―― ふるたんはどのような発想から生まれたのでしょうか。

フルタ製菓:フルタ製菓らしい、みんなを笑顔にする、歌って踊れるアイドルをコンセプトにしています。成長していく姿を暖かく見守ってください!

―― フルタマンはどこに行ってしまったのでしょうか。

フルタ製菓:沢山の方々にフルタマンを応援していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。今年はアイドル路線でフルタ製菓をアピールしていく計画になっていますが、フルタマンは永遠のヒーローです。今後にご期待ください。




 というわけで、フルタマンはどうやら私達の心の中に居続けるようです。さらばフルタマン! これからは、ふるたんが立派に代わりを務めてくれることでしょう。

 なお、フルタの公式サイトでは、9月2日に放送された「わなげチョコ ふるたん編」だけでなく、9月9日にテレビで放送予定の第2段CM「生クリームチョコ ふるたん編」も公開中です


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ 生クリームチョコ ふるたん編


フルタマン ふるたん フルタ製菓 わなげチョコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声