ニュース
» 2018年09月05日 14時06分 公開

延暦寺、平野神社など寺社にも大きな台風被害 参拝中止続くところも

倒木などで被害が出ています。

[ねとらぼ]

 9月4日に関西地方で猛威をふるった台風21号は、多数の神社仏閣にも被害を及ぼしました。拝観中止が続くところも出てきています。

 比叡山延暦寺(滋賀県)は、多数の枝葉や倒木により境内が埋まり、倒木で修行体験道場の建物に被害が出たと報告。当面、参拝は可能なものの、ご朱印の案内などの対応はできないとしています。

 平野神社(京都府)はTwitterに倒壊した建物の写真を投稿し、「台風21号の被害が甚大なため、しばらくの間、境内の立ち入りを禁止いたします」と告知しています。建勲神社(京都府)、下鴨神社(京都府)も台風の被害により参拝の中止や通行止めに。

 多くの寺社が被害を受けており、台風が去ったあとも拝観中止が続いているところもあります。訪問の際は事前に状況を確認することをお勧めします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.