ニュース
» 2018年09月10日 14時15分 公開

「ずっと憧れがあった」 広瀬すず、「三太郎」「ホワイト家族」手掛けた浜崎慎治の映画でコメディー初挑戦

毒吐く広瀬さんがめっちゃ楽しみ。

[佐藤星生,ねとらぼ]

 女優の広瀬すずさんが2020年公開予定のコメディー映画「一度死んでみた(仮)」の主演を務めることが9月10日、発表されました。広瀬さんにとってコメディー映画への出演は初。テンション高く毒を吐きまくるこれまでないハジけたキャラクターを演じるもようです。

広瀬すず 堤真一 吉沢亮 浜崎慎治 澤本嘉光 一度死んでみた(仮) 映画 女優 俳優 コメディー 三太郎 ホワイト家族 au ソフトバンク ヒノノニトン 「一度死んでくれ!」と父に日々毒づく女子大生役

 広瀬さん演じる七瀬は、堤真一さん演じる父・計(はかる)のことが嫌いで、日々「一度死んでくれ!」と毒づいている女子大生。計は経営する製薬会社で開発された「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み本当に死んでしまいますが、そこにはある狙いが。七瀬は、吉沢亮さん演じる存在感が薄すぎる社員・松岡からその“狙い”を聞かされ、計を生き返らせようと奔走しますが、話は思いもよらぬ展開に……という物語。

 広瀬さんは同作について「コメディー作品にずっと憧れがあったので、今回挑戦させて頂けると聞いて楽しみではありますが、面白くできるかどうか、楽しめる余裕があるか不安です。キャストの皆様もとにかく濃厚な方ばかりですし、もう、必死についていきたいと思います」と、初コメディエンヌにチャレンジする意欲を語りました。

広瀬すず 堤真一 吉沢亮 浜崎慎治 澤本嘉光 一度死んでみた(仮) 映画 女優 俳優 コメディー 三太郎 ホワイト家族 au ソフトバンク ヒノノニトン 広瀬さんと初共演となる堤さんは「最強に仲の悪い親子」を演じます

 コメディー映画にも多数出演している堤さんは「脚本を拝読したのですが、とにかく面白かった! “一度死んでみる”という奇抜な設定、軽快なテンポの会話劇、笑えて泣ける父娘のドラマ」と、ストーリーを絶賛。若手俳優としてこれまでまばゆいほどの存在感を放ってきた吉沢さんは「個人的には存在感バリバリのキラキラした男より、こういったみんなから無視されるような、ザコキャラのほうが性に合っているので、撮影が今から楽しみ」と、あえて存在感を薄くする演技に闘志を燃やしています。

広瀬すず 堤真一 吉沢亮 浜崎慎治 澤本嘉光 一度死んでみた(仮) 映画 女優 俳優 コメディー 三太郎 ホワイト家族 au ソフトバンク ヒノノニトン 吉沢亮さんは自身の役を「ザコキャラ」と……

 同作が映画初監督作となる浜崎慎治監督は、au「三太郎」シリーズや、ソフトバンク「ホワイト家族」、日野自動車「ヒノノニトン」シリーズなど、コミカルさが際だった話題のCMを手掛けてきたクリエイター。「映画初監督というプレッシャーに押し潰されそう」と吐露しながらも「今まで見たことない広瀬すずさんに出会いたいです」と広瀬さんの可能性をさらに開花させるとの意気込みも。脚本は、映画「ジャッジ!」「犬と私の10の約束」といった作品の脚本を手掛けたほか、PV、小説、作詞など幅広い世界で活躍している澤本嘉光さん。実力派の2人がどんな映像に仕上げるかにも、期待が高まります。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.