コラム
» 2018年09月11日 12時00分 公開

【マンガ】「カジキマグロはマグロじゃない」って知ってた?

ややこしい。

[ねとらぼ]

 おすしの定番ネタ「マグロ」。日本人にはなじみ深い魚の一種ですが、その中には、高級魚として知られる「クロマグロ(本マグロ)」、スーパーの刺身コーナーによく並んでいる「メバチマグロ」など、さまざまな種類があります。

 「カジキマグロ」というのもよく耳にする名前ですが、実際には“カジキマグロというマグロは存在しない”のだとか。一体、どういうことなんです?

解説

 「マグロの王様」とも呼ばれるクロマグロは「スズキ目サバ科マグロ属」で、ここにはメバチ、キハダといった魚が属しています。一方、カジキは同じスズキ目なのですが、サバ科ではなく「マカジキ科」「メカジキ科」にあたり、マグロ属ではありません。

 カジキの特徴はなんといっても、とがった上あごで、まるで注射針のように長く伸びる種類もあります。また、切り身はやや白っぽい色をしており、マグロと見分けるのは難しくなさそう。それでも、“カジキマグロ”と呼ばれる理由については「食感などがマグロに似ているから」「マグロ漁の際、一緒に獲れるから」などといわれています。

 ちなみに、「ツナ」は一般にマグロの総称と理解されていますが、いなば食品によると、ツナ缶にはカツオも使われているのだとか。カツオは「スズキ目サバ科カツオ属」などに属しており、カジキ以上にマグロに近い位置に分類されているそうです。


「Swordfish」とも呼ばれるメカジキ


NOAA Central Library Historical Fisheries Collection」で公開されている各種「ツナ」の絵。カツオも「Skipjack Tuna」として掲載されています

おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声