ニュース
» 2018年09月18日 13時29分 公開

神の子・山本“KID”徳郁さん死去、41歳 8月にがん闘病告白

ご冥福をお祈りいたします。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 格闘家の山本“KID”徳郁(のりふみ)さんが9月18日、死去したことを所属ジムの「KRAZY BEE」公式Twitterが発表しました。41歳でした。ネットでは続々と早すぎる死を悼む声があがっています。


 KRAZY BEE公式Twitterは、「山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ 山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」と報告。加えて、「山本家、家族、友人への取材等はご遠慮頂き、ご配慮頂けますようお願い申し上げます」とつづっています。

 山本さんは8月下旬にInstagramでがんの闘病中であることを公表。具体的な病状などは明かしていませんでしたが、「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と復帰への意欲を見せていました。

8月26日にがん闘病を公表したばかりだった(画像は山本KID徳郁Instagramから)

かつて激闘を繰り広げた魔裟斗さんもエールを送っていた(画像は魔裟斗Instagramから)

 山本さんはレスリング元日本代表の山本郁栄氏の長男で、その格闘センスを早くから発揮し、脩斗でプロデビュー。レスリングをベースにした総合格闘家として魔娑斗さんや須藤元気さんらとの激闘を繰り広げ、K-1やDREAMのリングをへて2011年からはUFCに参戦していました。

 8月にがんの闘病中であることを突然明かすと、魔裟斗さんやプロボクサーの亀田興毅さん、青木真也さんら多くの盟友が回復を願う声を寄せていました(関連記事)が思いは実らず。この一報に触れた格闘技界ファンや親交のあるファイターたちからは次々とその死を悼む声があがっています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.