ニュース
» 2018年09月18日 16時50分 公開

欧米のギャンブル規制当局、ルートボックスに関する共同声明を発表 「賭博とゲームのぼやけた境界線に懸念」

この宣言を機に、ゲーム開発者と建設的な対話ができると期待しているとのこと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 欧州14カ国と米ワシントン州のギャンブル規制当局が調査委員会を設け、「賭博とゲームのぼやけた境界線に懸念」と題した共同声明を発表しました。そのなかで、問題の1つにルートボックスが挙げられています。


共同声明

メンバー 調査委員会にはイギリスやフランスなど欧州14カ国と、米ワシントン州が参加

 同委員会は「ギャンブルと、ビデオゲームなど他の形式のデジタルエンターテインメントとの、境界線の“ぼけ”によって引き起こされるリスクにますます関心が寄せられている」としたうえで、ルートボックスやソーシャルカジノゲームなどに懸念を表明。そのような新興のゲームやサービスにおいて、オンラインギャンブルと類似した特性が見られると述べています。

 委員会のメンバーはビデオゲームとソーシャルゲームの特性を分析するなど協力することで、業界との情報交換による対話が可能となり、法律や規制の適切かつ効率的な実施が保証されると主張。消費者保護執行当局とも密接に協力していくとのことです。

 この施策は消費者の意識を高めるとともに、プラットフォームを持つ企業の利益になると説明。「規制当局とゲーム開発者との間で、建設的な対話が開始することを期待する」としています。

 ルートボックスについては、3月に米ゲーム審査団体が課金機能を持つ全ビデオゲームに利用注意ラベルを導入する方針を発表、4月にはオランダの規制当局が一部を賭博法違反と認定するなど、既に規制への動きが始まっています(関連記事12)。今回の共同声明で、また議論が進むと思われます。


境界線 ギャンブルと、ゲームにおけるくじ引き的なルートボックス。どう区分されるか注目されます

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.