ニュース
» 2018年09月20日 19時58分 公開

元ヒスブルのTamaがライブ活動休止を発表 「自分の中でちゃんとけじめをつけたい」

デビュー20周年のけじめとのこと。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 ロックバンド「Hysteric Blue」の元ボーカル・Tamaさんが9月18日、ライブ活動の休止をオフィシャルブログで発表しました。

ヒスブル tama たま たくや ヒステリックブルー 活動休止 解散 シャボン ライブ活動休止を発表したTamaさん(画像はTamaオフィシャルブログから)

 2004年のHysteric Blue解散後、Tamaさんが新たに組んでいたバンド「Screaming Frogs」に、ヒスブルでドラムを担当していた楠瀬タクヤさんが加入しユニット「Sabao」(シャボン)を結成。2014年にはソロアルバムもリリースするなど音楽活動を続けてきたTamaさんですが、ブログでは、10月28日に予定されているシャボンのツアー「LASTING HOPE」の東京ファイナルをもって、“Tamaとしての今後のライブ活動を休止する”と発表。シャボンの公式サイトでは、同日でシャボンとしてのライブ活動を“一旦満了する”と記されています。

 Tamaさんは、そうした決断に至ったいきさつについても言及。ここ数年は、いつまで活動を続けるのか悩んでいたといい、「デビュー20年という節目を迎えるにあたり、“自分の中でちゃんとけじめをつけたい”という思いから今回の決断に至ったと説明しました。

ヒスブル tama たま たくや ヒステリックブルー 活動休止 解散 シャボン Tamaさんとドラムの楠瀬タクヤさん(画像はSabao公式サイトから)

 本来はツアーファイナル後に発表予定だったとしながらも、ライブやイベントで応援の言葉を寄せるファンに「隠し事をしているような、裏切っているような気持ち」を抱くようになったといい、突然の発表となったことをわびるとともに、「ツアーファイナルまで残りわずかですが、ひとつひとつのライブやイベントを精一杯、大切に歌い届けたいと思います」と誠実な思いをつづりました。

ヒスブル tama たま たくや ヒステリックブルー 活動休止 解散 シャボン シャボンの楽曲MVから(画像はYouTubeから)

 Hysteric Blueは1998年にメジャーデビュー。1999年にリリースした2ndシングル「春〜spring〜」でブレークし、その年の紅白歌合戦に出場するなど人気を博しましたが、2003年にグループの活動休止を発表。翌年にはメンバーが逮捕されたことを受け解散。シャボンではテレビドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」(フジテレビ系)のオープニングテーマ「アップデート」などの楽曲をリリースしました。

 なお、今後について楠瀬さんは「ズルズルと続けていく活動ではなく、フワフワと続いている活動を目指すべく、一旦寝かしてみて、熟成期間を取るとどうなるのかな、と今は考えております」としています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン