「このSNSの時代にそのお仕事楽しいですか?」 よくある出会い系「迷惑メール」から始まる漫画がドキドキの展開

いろんな意味でドキドキです……!

» 2018年09月24日 11時30分 公開
[宮原れいねとらぼ]

 よくある迷惑メールから始まる、ちょっと変わった出会いの創作漫画がTwitterで人気です。すでに続編エピソードが2話公開されその度に話題になっており、読めば読むほど続きが気になる話となっています。受け取った側と送った側、両方の視点で描かれるのが良い……。


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 迷惑メールになんとなく返信したのが物語の始まり


 仕事で失敗してイライラしながら帰っていた男性のもとへ、こんな時代に……と思ってしまうような、出会い系サイトからの迷惑メールが届きます。それに対し何となくで「このSNSの時代にそのお仕事楽しいですか?」と返し、八つ当たりするような内容を送ってしまった自分にへこんでいると、すぐに返ってきたメールには『たのしくない』という意外な返事が。例の怪しげなリンクじゃない……?


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 イライラしていたからか、迷惑メールに返信してしまいます

 多分疲れていたんだと思う――と、そこから迷惑メールを送ってきた相手との不思議なやり取りがスタート。

「そんな返事が来るとは思わなかった」『そりゃそーでしょw やっちゃダメだし』「ほほう…つまり あんたのクビは私が握っていると…」『むしろ辞めたいっす』

 など、本音かつ適当に話せて、いつ終わってもいい気軽さが心地良く、いつからかそのやり取りが楽しみに。


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 すると意外な返事が届き、そこから変わった関係がスタート

 そして相手がおっさんだと確認しつつも、軽いノリでご飯に誘って実際に会うことになります。すると彼の元にやってきたのは、「嘘ついてごめんなさい」と笑顔で謝る女子なのでした。この流れはチャンスかトラップか……!? 


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 相手はおっさんだと思っていたら……

迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 やってきたのはまさかの女子……!

 いろいろな意味でドキッとする展開ですが、ここで一度時間は戻って、迷惑メールを送る女子サイドのお話に。彼女がなぜ今この仕事をしているかは想像するしかありませんが、サクラとして送ったメールに返信してくるいろんな人からの文面をパソコンで見ながらため息をつく日々。それでも心のどこかでステキな出会いを夢見る自分に「虫が良すぎ」「私なんでこんな仕事――」と思っていた矢先、例の返信を発見します。


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 第1.5話では反対に迷惑メールのサクラをする女子側の視点に

 こちらを見透かされたような「そのお仕事楽しいですか?」という内容に、気づけばサクラとしてではなく“素”の返事を送ってしまっていた彼女。さらにその後も続いたどうでもいいやり取りを気に入り、気軽なままがいいため「おっさん」だと勘違いさせたままにしていましたが、ある日交換したラインから食事の誘いが送られてきます……。困惑しつつも少しうれしそうなのがかわいい。


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 自分でも思っていたタイミングでの文面に、つい素で返事をしたことでやり取りが始まるのでした

迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 “ずさんな管理体系”のおかげでチェックされることもなく「どーでもいい会話」ができたようです

 出会い系サイトのサクラがホントに出会いに行く――我ながら滑稽だと思いながらも、ドキドキして当日の服を選び、「どうかこれが素敵な出会いでありますように」と願う彼女。男性のドキドキの裏では、こんなドキドキがあったのか……。


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 女子の方もドキドキしていたのがわかるエピソードでした

 そして続く最新話では、当日出会ってから「美人局じゃないかー!?」「美人局と思われてそうー!?」とお互い動揺する2人の姿が描かれます。確かに男性側としては、疑うのは当たり前の反応かも……! それでも、最初のメールのようにできるだけ素直に話し、必死に疑いを晴らそうとする彼女の姿はとてもかわいらしく、最後は彼も疑ったのを謝ってご飯へ行くことになるのでした。この2人のその先が気になるー!


迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 最新話(第2話)では「美人局じゃないかー!?」と疑う(疑われる)流れに

迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 お互いに素直な会話なのはメールのおかげ……?

迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 しかし疑いたくなる気持ちもわかる

迷惑メール 出会い系 サクラ 仕事 漫画 最後の女子のドヤ顔がかわいすぎた……

 投稿したのは、ニコニコキューンコミックウォーカーで『弁当やばいよ 水無瀬さん』を連載中の漫画家・だーく(@darkside22423)さん。これまでにさまざまな創作漫画を投稿しており、以前にも『どこが好き』(関連記事)や『彼にしか見えない幽霊』(関連記事)が話題になりました。

 コメントでは気になる展開に「続きが読みたい」「これは先が気になる」などの声が上がり、また同じ時間の別視点が描かれた内容に「こういうの好き」「面白い」や、他にも2人を応援する声なんかも寄せられる反響を呼んでいます。この先の話が描かれるかはわかりませんが、2人には幸せになってほしい……!



画像提供:だーく(@darkside22423)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」