レビュー
» 2018年10月02日 20時00分 公開

映画「おかあさんといっしょ」を親子で見てきたレポ さすがの気配り、親子で存分に楽しめる工夫盛りだくさん

「子どもが騒いだら周りに迷惑かなあ」「飽きちゃったらどうしよう」という不安に対するフォローがバッチリ。

[ナンシー,ねとらぼ]

 NHK Eテレの人気番組「おかあさんといっしょ」が放送60周年を迎える今年、はじめて映画となり9月7日から全国で上映されています。タイトルは「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」。

 子どもを連れて映画館! というと「子どもが騒いだら周りに迷惑かなあ」「飽きちゃったらどうしよう」などと不安が頭をよぎりますが、そこはさすがの「おかあさんといっしょ」。親子が存分に楽しめるポイントがたくさん用意されていました!

映画おかあさんといっしょ 「おかいつ」が初めての映画化です

子どもが飽きないさすがの気遣い

 まず映画館に入場する時に、ぬりえや迷路などで遊べる「はじめてのあそびノート」がもらえます。映画が始まるまでの時間、このノートを使って子どもの気をひいておくことができます。ありがた〜い! また、映画の要素が随所にちりばめられているので、家に帰った後に子どもと「この子がこんなことしていたね〜」と一緒に振り返ることができたのも、とても良かったです。

 そして上映中でも劇場内は真っ暗にはなりません。うっすらと明かりがついているので、暗いと怖くなってしまうお子さんにも安心です。子どもが歩き出してしまったときに見失ってしまう心配もありませんね。音響に関しても、普通の映画のように分厚いサウンドで大音量! というわけではなく、優しいです。

 また、上映開始時に「この作品は歌ったり踊ったり、大声を出したり、たくさん遊べる映画です」と案内が出ます。場内もほぼ家族連れなので、泣いたり歩いたりする子がいても“お互いさま”の雰囲気に満たされて、とても過ごしやすいです。

実写とアニメの2本立て。だいすけお兄さんも登場

 次に映画の内容ですが、上映時間は70分。実写とアニメの2本立てになっています。

映画おかあさんといっしょ 実写とアニメの2本立て

 前半の実写パートでは、お兄さんお姉さんたちが色んな乗り物に乗るおはなしが展開されます。「おかあさんといっしょ」で普段から聞き慣れた曲がたくさん流れてきて子どもたちもうれしそうです。映画オリジナルの新曲もありました。

 実写パートではゲストとして俳優の満島真之介さんが出演されています。初めに出てきたときは「!?」となりましたが、意外と「おかいつワールド」に溶け込んでいます。というのも満島さん、歌のお兄さんになるのが夢だったということで、準備は万端だったのかもしれません。

 さて実写パートが終わると、6分間の休憩が挟まれます。うちは休憩時間に子どもとトイレに行って帰ってきたら後半が少し始まっているような感じでしたが、これは致し方なし。

 後半はチョロミー、ムームー、ガラピコが中心のアニメパートでした。ガラピコぷ〜のオープニング映像に似た感じの色調がかわいいです。内容は普段のガラピコぷ〜とは違ってアドベンチャー感があります。

 アニメパートのゲストは横山だいすけさんと関根麻里さん。お二人とも普段とは結構かけ離れた声の出し方をされています。筆者の夫はだいすけお兄さんのライトファンですが、声の出演には全く気がついていませんでした(笑)。ちょっとだけ、だいすけお兄さんの無駄遣いかな〜? と思わなくもなかった。個人的にはもっと露骨に、かぞえてんぐさん登場からの強制カウント大会開催の流れがよかったです。

 アニメパートではスクリーンの中のガラピコたちから場内のお友達に協力をお願いされる演出があります。ノリノリで反応する子、恥ずかしがる子、さまざまですが、子どももガラピコ達と一緒にたたかっている気持ちになったのではないでしょうか。

 アニメが終わるとおなじみ「ブンバ・ボーン」タイム!実写パートに出てきたJALパイロットさんもなぜか踊らされています。

映画おかあさんといっしょ ブンバボンボンボン
映画おかあさんといっしょ ブンバボーン!!!

 最後にはスクリーン撮影OKの時間も設けられています。スクリーンをバックに子どもを写したら記念になるよ!という粋な計らいだと思うのですが、うちの場合子どもをスクリーンからカメラの方向に向けるのは至難の業だったので、おとなしくスクリーンだけ収めさせていただきました。

 全体的に子どもも大人も満足で、良い思い出になったなぁと感じています。公開から1カ月たっていますが、まだ多くの映画館で上映されています(だいたい日に1回上映になっているのでスケジュールを確認してください)。親子でどこに遊びに行こう? と悩んでいるパパママにオススメです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」