ニュース
» 2018年10月07日 18時15分 公開

ED後におっことウリ坊が―― 「若おかみは小学生!」トークイベント、高坂監督が追加したかった映像とは

新宿バルト9で制作陣によるトークイベントが開催されました。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 アニメ映画「若おかみは小学生!」の公開記念トークイベントが10月5日、東京の新宿バルト9で開催され、高坂希太郎監督、DLEの齋藤雅弘プロデューサー、マッドハウスの豊田智紀プロデューサーが登壇。詰めかけた満員のお客さんに対して、公開を受けての思いや制作の裏話などを語りました。

若おかみは小学生! 令丈ヒロ子 高坂希太郎 齋藤雅弘 豊田智紀 DLE マッドハウス 小林星蘭 左から豊田智紀プロデューサー、高坂希太郎監督、齋藤雅弘プロデューサー

 「若おかみは小学生!」は、令丈ヒロ子さんによる児童文学シリーズが原作。交通事故で両親を亡くした小学生のおっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊の頼みで、祖母の経営する老舗の温泉旅館「春の屋」を継ぐために若おかみとして修行していく物語です。2018年4月8日から9月23日にかけてテレビアニメも放送。

若おかみは小学生! 令丈ヒロ子 高坂希太郎 齋藤雅弘 豊田智紀 DLE マッドハウス 小林星蘭 おっことウリ坊

 2003年の「茄子 アンダルシアの夏」以来、15年ぶりに劇場公開作品の監督を務めることになった高坂監督。映画化の話を受けた際には、児童文学になじみがなく、目の大きなキャラクターとも接点がなかったことから「最初はすごく抵抗感があった」といいます。原作ファンのことを考えてなんとか形にしていったとのことで、そのときの思いを「なんでわたしが若おかみ!?」と、第1話のタイトルになぞらえて観客を沸かせました。

若おかみは小学生! 令丈ヒロ子 高坂希太郎 齋藤雅弘 豊田智紀 DLE マッドハウス 小林星蘭 「自分が野放図に作っていたら全く違ったものになっていた」と高坂監督

 制作年表によると、劇場版は2015年6月と、テレビシリーズ(2016年7月に脚本開始)に比べて1年以上早く動き始めています。映画化が決定した段階でテレビシリーズの話も上がっていたそうですが、そのときには同時制作は無理だろうと思っていたと豊田さん。劇場版とテレビシリーズではスタッフも異なっており、豊田さんは「劇場版につながるとかは全く考えずに、違うもの作りましょう。高坂監督の作品を食っちゃうぐらいの勢いで面白いものを作ってください」とテレビシリーズのスタッフに声を掛けたといいます。

若おかみは小学生! 令丈ヒロ子 高坂希太郎 齋藤雅弘 豊田智紀 DLE マッドハウス 小林星蘭 主に現場を担当した豊田プロデューサー

 プロデューサーたちからは、絶対90分に収めてくださいと念押しされていたという高坂監督ですが、トークイベントでは、エンディングの後にどうしても追加したかったというシーンの話も。おっこが買い物に行き、そこでウリ坊らしき男の子を見掛けるという内容で、Q&Aコーナーでは観客から「ディレクターズカット版」などとして出してほしいとの意見も。齊藤さんが「皆さんのご支援があれば」と回答すると、客席からは拍手が起こりました。

若おかみは小学生! 令丈ヒロ子 高坂希太郎 齋藤雅弘 豊田智紀 DLE マッドハウス 小林星蘭 ビジネスまわりを担当した齋藤プロデューサー

 また、エンディングには別案があったとのこと。もともとは黒バックに花が舞い散る映像を予定していたそうですが、撮影監督から子どもが見ることを考えると、雰囲気が重くなるのではとの意見があり、最終的に高坂監督のイメージボードを出すことになったようです。「あまり人前に出す絵ではなく、僕は反対だったんです」という高坂監督ですが、いまは納得していると話しました。

 さらに、見た人たちの間で人気が高まっている美人占い師のグローリー・水領について、「ノーメイク、薄いメイク、濃いメイクとちゃんと反応してくださって(笑)」と高坂監督。当初は、お風呂のシーンで眉毛をなくしたらいいのではと思っていたそうですが、スタッフの女性たちからの反対を受けて取りやめたことも明かしました。

 最後に高坂監督は、「ご覧いただきありがとうございました。また皆さんのご支援があれば、追加カットもあるかもしれないので。よろしくお願いします(笑)」と会場を盛り上げ、イベントは幕を閉じました。

若おかみは小学生! 令丈ヒロ子 高坂希太郎 齋藤雅弘 豊田智紀 DLE マッドハウス 小林星蘭 イベントが開催された新宿バルト9では、上演時間を増やして応援中

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」