ニュース
» 2018年10月16日 15時57分 公開

懐かしの音楽プレーヤー「Winamp」、公式サイトが突如復活 クラウドやストリーミングに対応の最新バージョンを2019年に提供

スキンに凝ったあのころが再び?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 かつて世界的な人気を誇った音楽プレーヤーソフト「Winamp」が再登場することになりました。2013年に閉鎖された(関連記事公式サイトが復活し、最新バージョンのリリース予定を告げています。


公式サイト COMING SOON

 Winampは1997年にWindows用MP3プレーヤーとして登場し、定番ソフトとして親しまれてきました。昔からのPCユーザーなら、インターフェースを自分好みにカスタマイズして楽しんでいた人も多いでしょう。しかし、iPodとiTunesなどの台頭もあって下火となり、2013年に提供や関連サービスが終了となりました。


スキン スキン変更で外観を変えられるのが大きな特徴(「Winamp スキン」で画像検索

 その後、Winampの権利はベルギーのインターネットラジオ配信企業Radionomyに渡っており、今回の新バージョンも同社が開発を進めています。TechCrunchによると、クラウドやポッドキャスト、ストリーミングラジオなどを統合したプラットフォームになるとのこと。配信時期は2019年で、Windows版だけでなくMac版やモバイル版も予定されています。


ストリーミング 多くのストリーミングラジオ局に対応する予定


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.