ニュース
» 2018年10月25日 12時00分 公開

「何をしてても自分を責めてる状態」 芸能界復帰のインパルス堤下、キンコン梶原のYouTubeで謹慎生活を語る

何度も謝罪の言葉を口にした堤下さん。

[深戸進路,ねとらぼ]

 芸能活動再開を発表したお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さんが10月24日、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さんが“カジサック”名義で活動しているYouTubeチャンネルに出演。謹慎中の葛藤や相方の板倉俊之さんへの感謝を語っています。

復活・インパルス堤下が独占激白

堤下敦 謹慎 インパルス 復帰 交通事故 キングコング 梶原雄太 カジサック カジサックチャンネルに出演した堤下さん(画像はYouTubeから)

 2017年に2度の交通事故を起こし、同年10月から芸能活動を謹慎していた堤下さん。復帰後初のメディア出演としてカジサックチャンネルに登場すると、冒頭では「大変ご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございませんでした」と事故の被害者、関係者に対して何度も謝罪を口にしました。その後は、バラエティー番組「はねるのトびら」で長年共演していた梶原さんの質問に答える形で謹慎中の生活について語っています。

 謹慎中は外出することもまれだったそうで、「何をしてても自分を責めてる状態」と反省の毎日を送っていたとのこと。芸人仲間からは厳しい言葉をもらいつつも励まされたことを明かしており、堤下さんの謹慎中はピンで活動していた板倉さんの話になると、「板倉さんにはホント迷惑かけて」「変な話(不祥事を)笑いにしてくれて」「めちゃくちゃ優しいしホントありがたい」など感謝の言葉を並べていました。

堤下敦 謹慎 インパルス 復帰 交通事故 キングコング 梶原雄太 カジサック 板倉俊之 相方 板倉さんへの感謝を語る場面も(画像はYouTubeから)

 動画の後半では、復帰した堤下さんのツッコミを引き出すために梶原さんがボケ倒す展開に。キレのあるツッコミや懐かしのイジりも飛び出しており、梶原さんは「もう僕泣きそうっす」「(ツッコミが)大健在じゃないですか」など戦友の復帰を心から喜んでいるようでした。

 今後は、出身地の神奈川県で地域活性化のサポートをする「住みます芸人」として再出発する堤下さん。動画内では、県民や神奈川県警の職員との心温まるエピソードを語り、「1人で全部やり直して それで周りの方が認めて頂く存在になるために」とゼロからのスタートであることを強調した言葉も残しています。

堤下敦 謹慎 インパルス 復帰 交通事故 キングコング 梶原雄太 カジサック はねるのトびら はねトび はねトび恒例の名前イジリにツッコむ堤下さん(画像はYouTubeから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」