ニュース
» 2018年10月29日 10時30分 公開

は?「運転席が真ん中」!? マクラーレン、最高速度403キロのぶっ飛びマシン「スピードテイル」を発表(1/2 ページ)

3座レイアウトのあの90年代究極スーパーカー「マクラーレン・F1」の再来ですよ。

[agar,ねとらぼ]

 マクラーレン・オートモーティブは10月26日(現地時間)、新型スーパーカー「スピードテイル」を発表しました。

スピードテイル スピードテイル(写真:マクラーレン・オートモーティブ、以下同)

 スピードテイルは、2017年発表の「マクラーレン・セナ」(関連記事)に続く超高性能車カテゴリーに位置付ける“アルティメットシリーズ”の最新モデル。サーキット走行の究極性能を目指したマクラーレン・セナに対して、“究極のハイパーGT”をうたう「最高速度」の究極性能を追求し、マクラーレンの市販車として史上最速となる時速403キロの最高速度を実現しました。

 パワートレインはエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッド方式で、合計1050馬力を発生。時速300キロまで13秒で達する加速性能を実現します。そして、時速400キロ以上の最高速度を実現するために空力性能を追求したボディーには、通常のクルマでは見かけない特殊なパーツを多用しています。

最高速度を追求するため、特殊なパーツで空力性能を高めた 最高速度を追求するため、特殊なパーツで空力性能を高めた

 まず、ホイールの回転で乱れる気流を抑えるために、フロントホイールへ“ホイールと一緒に回転しない”構造のエアロカバーを装着します。続いて、ドアミラーもカメラとモニターによるデジタルドアミラー(関連記事)を採用。併せて、最高速を出す「ベロシティモード」では側面に少し飛び出すカメラを格納してしまい、空気抵抗をさらに減らす仕組みも備えます。

 デザインの特徴でもある長いテールの後端には、従来型のリアウイングではなく航空機の翼に使われる「エルロン」を装備します。さらにこのパーツはボディーとつながった1枚のカーボンファイバーで作られていて、パーツを曲げながら滑らかに変形して機能するようになっています。

 内装の特別感にも注目です。マクラーレンが1990年代に投入したスーパーカー「マクラーレン・F1」と同じ、中央に運転席を配置した独創的な3座レイアウトを復活させました。マクラーレン・F1は、このスピードテイルが登場するまでのマクラーレン最高速度記録マシン。スピードテイルは、速度記録とともにこの往年の名車の再来を意識させるにふさわしいグッと来る特徴も備えています。

 スピードテイルは106台の限定生産で、価格は175万ポンド(約2億5000万円)。残念ながら、発表時点で全て成約済みとなっています。

伝説の「マクラーレン・F1」と同じ“3人乗り”のシートレイアウト 伝説の「マクラーレン・F1」と同じ、センター運転席とする“3人乗り”のシートレイアウト
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響