ニュース
» 2018年11月01日 11時40分 公開

ヤバイぞこれぇぇ! 荒野を爆走したくなるぶっ飛びワイルド車「ラギッド・オープンエア」、北米ホンダが発表 (1/2)

やんちゃすぎるぜ。【写真29枚】

[agar,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)の北米拠点・ホンダノースアメリカが、米国ラスベガスで開催された「SEMAショー 2018」で、ピックアップトラックとオフロード車を組み合わせたコンセプトカー「ラギッド・オープンエア・コンセプト」を発表しました。

ラギッド・オープンエア・コンセプト ラギッド・オープンエア・コンセプト(写真:ホンダノースアメリカ、以下同)

 ラギッド・オープンエア・コンセプトは、ピックアップトラック「リッジライン」とオフロード車「パイオニア1000」という異なるジャンルの2台を組み合わせて作られました。オフロード車の走破性や耐久性、ピックアップトラックの積載性を兼ね備えた新感覚のクルマとして提案するとしています。

 荒野のオフロードが似合う個性的なスタイリングにはパイオニア1000の面影が残ります。しかしリアには荷台がデンと実装されています。写真では軽快なバギーっぽく見えますが、フルサイズピックアップトラックであるリッジラインに近いサイズということで、実車はかなり迫力のある巨体と想像できます。

「リッジライン」と「パイオニア1000」が合体 「リッジライン」と「パイオニア1000」を合体して作られた

 ラギッド・オープンエアは、市販予定なども示されていないコンセプトカーですが、車体の大部分は既存車種のパーツで構成されているので、見かけ以上に現実的な構成といえます。なお、ベースとなったリッジラインとパイオニア1000以外の車種のパーツも使われています。例えば、オフロードテイストの外観からは想像しにくいのですが、シートはスポーツカーの「シビック タイプR」から流用しています。

内装。シートは「シビック タイプR」の物を流用 内装。シートは「シビック タイプR」のものを流用

 シビック タイプRといえば、英国ホンダもシビックをピックアップトラックに魔改造した「シビック タイプR ピックアップトラックコンセプト」を制作していました(関連記事)。あはは、楽しそう。一体どうしちゃったんでしょうね。

シビック タイプR ピックアップトラックコンセプト こちらは英国ホンダが魔改造した「シビック タイプR ピックアップトラックコンセプト」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン