ニュース
» 2018年11月07日 07時30分 公開

憧れの人との会話のキャッチボールが全然うまくいかない漫画があるある まるで自分のことのようだと共感の声

脳内フリーズ状態。

[林美由紀,ねとらぼ]

 憧れの人と話す。そんなチャンスに驚くほど華麗に言葉のキャッチボールをする人もいますが、多くの場合はなかなかキャッチボールが続かなかったり、後からもっとこんなこと言えばよかった……と後悔したりするものかもしれません。

 そんなあるあるなお話を描いた4コマ漫画に、共感が集まっています。作者はTwitterでイラストや漫画などを公開しているバンザイ(@baaaaanzai)さん。


キャッチボール無理04 会話のキャッチボール、うれしい、でもツライ。

 憧れの人が、せっかく会話のボールを投げてくれても「あえ〜!?」「あはぁっ」と相づちを打つだけで、いいボールを返すことができず、結局、そのボールをその場に置いてしまう様子が描かれています。分かる……。


キャッチボール無理01 憧れの人と会話しているのに相づちしかできない……

 それなら2人でと会話をつなげようとしますがやはりうまくいかず、憧れの人の貴重な時間を浪費させてしまったと猛省。居てもたっても居られなくなり、またもやそっと会話のボールを置き、2人でその場を立ち去ってしまいます。もうどうにもならず、せっかくのキャッチボールを自分から放棄してしまうこと、よくある!


キャッチボール無理02 2人でならと思っても結果は同じ

 そんな状態なので、緊張しすぎて憧れの人の顔を見られないのは当然のこと。いろいろと話してくれるにもかかわらず、顔を見られないどころか、「オドロキです」「ビックリです」と同じ意味の言葉を繰り返すことしかできません。そして、失礼だからと意を決して憧れの人の顔を見ようとするも、顔中の筋肉がけいれんし、「お……おぎゃ……?」しか言えなくなってしまいました。


キャッチボール無理03 顔を見て話したいけど無理

 憧れの人と話す時には、なぜあんなにも語彙(ごい)が少なくなってしまうのでしょうか。普段ならもっとあんなこともこんなことも言えたし、聞けたのに、そんな思いをする人も多いかもしれません。気の利いたことが言えない自分が本当にふがいないんですよね。この漫画を読んだ読者からも「すっごい分かる」「私かよ」など共感を得ています。

画像提供:バンザイ(@baaaaanzai)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐