ニュース
» 2018年11月14日 15時25分 公開

「歩いてみせる」 乙武洋匡、“義足”で仁王立ちする写真を公開 大地踏みしめる姿に感動の声

立った!

[のとほのか,ねとらぼ]

 作家でタレントの乙武洋匡さんが11月13日、義足を装着し、仁王立ちした姿をInstagramで公開。応援コメントが寄せられるなど反響を呼んでいます。

乙武洋匡 義足 再始動 今にも走り出しそう(画像は乙武洋匡公式Instagramから)

 「乙武、再始動」とコメントを添えて、豊洲にあるランニングスタジアムのトラックで仁王立ちした姿を公開した乙武さん。この姿は、11日から13日まで渋谷区各所で開催されたイベント「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展(通称:超福祉展)」の最終日に行われたシンポジウム「JST CREST x Diversity」で披露されたもので、5〜6歳の時に装着した以来という義足で、ぎこちないながらも7.3メートルの距離を二足歩行する姿も見せました。


 乙武さんが装着している義足は、従来のものとは違い、モーターを搭載したロボット義足。研究者でメディアアーティストの落合陽一さんが率いるプロジェクト「xDiversity(クロス・ダイバーシティー)」が開発を進めているもの。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害がある乙武さんが歩くことで、障害がある多くの人の活力になることを目的にしています。


 義足を装着した当初は、一歩を踏み出すことすら困難だった乙武さんですが、投稿では「#歩いてみせる」とハッシュタグを添えて、やる気十分な様子。コメント欄では、「前に義足も義手も自分には必要ないって言ってたので、衝撃的な写真です」など驚きの声が寄せられた他、「応援してます」「いつもと違う視線から観える世界! ワクワクですねーーー!」「こういう挑戦心が、ほんと素敵!」「可能性を感じました!」など未来への希望を感じさせる姿に感動する人もいました。

乙武洋匡 義足 再始動 電動車椅子に乗る姿が印象強いですが、もしかしたら走る姿を見る日も近いかも(画像は乙武洋匡公式Instagramから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.