ニュース
» 2018年11月17日 09時00分 公開

本物かと思った 元和菓子職人が作った和菓子風ハンドメイド小物が食べたくなるほどのハイクオリティー

和菓子屋さんに売ってたら間違えるほど本物そっくり。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 元和菓子職人が作った和菓子そっくりのアクセサリーがTwitterで注目を集めています。お皿に盛られて出されたら間違って食べてしまいそうになるほどのレベル……!

 和菓子そっくりのアクセサリーを作っているのは、元和菓子職人の森野クマコさん。森野さんが作るアクセサリーは、和菓子を作るときと同じ道具を使うだけではなく、作り方もほとんど同じです。材料を餡や寒天ではなく樹脂粘土とレジンに変えて、見事なほどの美しい和菓子風アクセサリーを製作しています。

森野クマコ 和菓子 ハンドメイド 和菓子屋に並んでいる上生菓子かと思った
森野クマコ 和菓子 ハンドメイド 楊枝で切った後のような切り口。お見事です

 餡を練ったような質感と淡い色合いが和菓子そのもの。帯飾りに和菓子を切ったり刺したりする楊枝を使うなどのこだわりも見せています。

 飴や錦玉羹(きんぎょくかん)の透明感も本物そっくりの仕上がりです。本物の錦玉羹は眺めるのを惜しんで食べないといけませんが、これなら賞味期限を気にせずいつまでも眺めていられます。

 森野さんの作品を見た人たちからは「すごい」「かわいい」「ずっと見ていられます」などの絶賛の声が届いています。あまりの美しさに見とれてしまうという声も納得です。

 YouTubeでは製作過程の動画を配信中。餡を包む手付きや道具の使い方など、本当に和菓子を作っているみたいに思えてきます。これが匠の技か!

 通販は行っていないそうですが、イベントでの出展を予定しているので、気になる方は森野さんのTwitterをチェックしてみて下さい。

画像提供:森野クマコ(十里百)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.