ニュース
» 2018年11月17日 14時30分 公開

「ホームレスが全財産使って困った人を助けた」米国で話題の美談、ウソだった 寄付で約4500万円だまし取った男女3人逮捕

作り話だったとは。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 米バーリントン郡検察は11月16日、クラウドファンディングサイトGoFundMeを利用した詐欺と、詐欺共謀の容疑で男女3人が逮捕されたと発表しました。逮捕されたのはGoFundMeでキャンペーンを立ち上げたケイト・マクリュア氏と、そのボーイフレンドのマーク・ダミコ氏。そして親切なホームレスとして一躍時の人となっていたジョニー・ボビット氏(関連記事)。


米国で話題のホームレス美談、ウソだった 寄付で約4500万円だまし取った男女逮捕 昨年話題になったクラウドファンディング(現在はページ削除済み)

 マクリュア氏は2017年11月、車が燃料切れで立ち往生したところ、ホームレスのボビット氏が全財産の20ドル(約2300円)を使いガソリン代を工面してくれたエピソードをGoFundMeで紹介。無欲なボビット氏への支援のため、1万ドル(約113万円)を目標金額にキャンペーンを開始しました。

 キャンペーンはまたたくまに話題になり、最終的に40万ドル(約4500万円)を獲得。ところが検察によると、ガソリン代の美談は真っ赤なウソでした。ボビット氏がホームレスだったことは事実であるものの、3人は地元のカジノに出入りする中で、少なくともキャンペーンの1カ月前には知り合っていたことが判明していたとのこと。

 また、マクリュア氏がキャンペーン立ち上げから1時間もたたないうちに友人に当てたテキストメッセージで、「ガソリン切れになったのは事実ではない」「ボビットがなけなしの20ドルを工面してくれたこともなかった」と、キャンペーンの根幹部分がウソで塗り固められていたことを認める内容を送っていたことも、証拠として挙げられています。

 マクリュア氏とダミコ氏は16日夜、ニュージャージー州フローレンス・タウンシップで罪を認めて出頭し、手続き後に釈放されたとのこと。ボビット氏はペンシルベニア州フィラデルフィアで逮捕され、現在は捜査のため勾留中です。


米国で話題のホームレス美談、ウソだった 寄付で約4500万円だまし取った男女逮捕 左からケイト・マクリュア氏、ジョニー・ボビット氏、マーク・ダミコ氏(米バーリントン郡検察公式Facebookより

 マクリュア氏とダミコ氏は集めたお金のほとんどをBMW、ラスベガスへの旅行、高級バッグなどにつぎ込んでしまっているとのこと。また検察によると、8万5363ドル(約960万円)がカジノ街で引き落とされていたことも分かっています。

 ボビット氏は2人がお金を使い込んでいることを知り、2018年8月には自身が7万5000ドル(約850万円)分しか金銭を受け取っていないと、2人を相手取った民事訴訟を起こしていました。

 バーリントン郡検察はFacebookで「慈善行為を利用した詐欺は、善良な慈善団体の日々の努力を損なうものだ」と、事件の悪質さを指摘したニュージャージー消費者問題局代表のポール・R・ロドリゲス氏のコメントを紹介。

 GoFundMeの担当者は声明で、法執行官などと協力しマクリュア氏とダミコ氏が使い込んだお金を回収中であることを報告。この件に寄付をした全ての人に全額返金すると発表しています。


米国で話題のホームレス美談、ウソだった 寄付で約4500万円だまし取った男女逮捕 事件の出来事を時系列で並べた資料(米バーリントン郡検察公式Facebookより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.