ニュース
» 2018年11月20日 18時59分 公開

“Amazon史上最大のおせち” 平成最後の年越しに登場 一段で30人前39万円の特大お重があけおめとともにやってくる

圧巻の一段重84品目。もちろん配送料無料だってよ。

[ねとらぼ]

 Amazon.co.jpは、重箱の面積が通常の約23倍となる特大おせち「林裕人監修 スーパー超特大おせち」の予約受付を開始しました。過去にAmazonが扱ってきたおせちの中でも最大の面積となり、一段重84品目の約30人前。3台限定で12月28日に販売開始、29日〜31日の指定日お届けとなります。

おせち Amazon 特大 84品目 23倍 30人前 でかい(語彙)

おせち Amazon 特大 84品目 23倍 30人前 1人で食べたら1月ずっとおせちだね

 2017年はAmazonオリジナルのおせちとして日本一背の高い「タワーおせち」を10台限定で販売しましたが、2018年は「平成最後のお正月にふさわしく」ということで一段の面積が縦76.4×横113.3×高6センチとなるAmazon史上最大のおせちを販売。84品目には特大の鯛が3尾、鮑のふっくら煮が10個、ロブスターが13尾入っている他、キャビアやからすみ、ウニなどの高級食材も使用し、見た目も中身も豪勢なおせちとなっています。

おせち Amazon 特大 84品目 23倍 30人前 特大の鯛が3尾に……

おせち Amazon 特大 84品目 23倍 30人前 ロブスター13尾にキャビアも

おせち Amazon 特大 84品目 23倍 30人前 でかいだけでなく食材も豪華

おせち Amazon 特大 84品目 23倍 30人前 11月20日にAmazon Fashion Centerで開かれたサイバーマンデー発表会でもお披露目されましたが、おせちが並ぶ中1つだけ異様にでかかったです

おせち Amazon 特大 84品目 23倍 30人前 動画クリエイターがAmazonの商品の魅力を独自視点で伝える「Amazon Live Channel」の一環として、YouTuberのマスオさんが実食レポを公開収録していました。いずれ動画が公開されるかも?

 価格は39万円(税込)で配送料は無料。他にもAmazon.co.jpでは「おせち特集2019」ページを公開し、「キャラクターおせち」から「犬用・猫用おせち」までさまざまなおせちの早期予約を受け付けています。

「林裕人監修 スーパー超特大おせち」 84品目の内容

金箔黒豆/伊達巻き/市田柿/鮭といくらの麹漬け/いくら醤油漬け/ふぐ刺し昆布/紅蒲鉾/白蒲鉾/鮭と烏賊の麹漬け/子持昆布/松前漬け/このわた/スモークサーモントラウト/甘海老真砂和え/リンゴ金団/甘栗甘露煮/サーモントラウト西京焼き/烏賊松笠白焼き/烏賊松笠うに焼き/三色ムースクレープ包み/ふぐ錦糸巻き/なまこぽん酢和え/鱈龍皮巻き/鰻白煮 山椒風味/サーモン錦糸巻き/紅鮭昆布巻き/明太子昆布〆/たら旨煮/クリームチーズ蜂蜜ナッツ和え/栗きんとん寄せ/抹茶栗きんとん寄せ/紅芋栗きんとん寄せ/寒鰆西京焼き/蟹甲羅盛り/ぶり照焼き/海老袱紗焼き/酢れんこん/真鯛きずし/海老錦手まり/キャビア/ロブスター/紅白なます/鰆昆布〆/ずわい蟹柚子香り漬け/鶏もも肉の黄味焼き/合鴨ロースマスタード焼き/あんずさわやか煮/祝い鯛/紅白餅玉ちらし/ローストビーフ/フォアグラテリーヌ/雲丹(うに)真丈鉄扇串/からすみ/金柑蜜煮/たたき牛蒡/ひねりこんにゃく/焼き湯葉巻き/蒸し雲丹 貝盛り/田作り大和煮/百合根甘露煮/海老真丈重ね蒸し/帆立貝柱スモーク/青梅甘露煮/生ハムチーズ串/椎茸高野含め煮/椎茸旨煮/よもぎ麩含め煮串/笹がき信田/蛸柔らか煮/ぶりの子旨煮/笹生麩巾着/鮑ふっくら煮/数の子醤油漬け/紅白ミルクキューブ/子持鮎甘露煮/網笠柚子串/磯貝雲丹焼き串/甘鯛妻折焼き/くるみ甘露/海老艶煮/手まり餅/紅白梅かんざし/梅の華 練りきり/梅花人参含め煮

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」