ニュース
» 2018年11月23日 19時59分 公開

中国・深センで目撃された高層ビルの「超絶LEDマッピング」が桁違いの壮大さ 「メンテナンス作業を想うと震えた」

ここが未来か……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 中国・広東省の深セン市で見られた、高層ビルのLEDマッピングによるライトショーがすさまじいと話題になっています



 撮影・投稿したのは、360度プロジェクションマッピングなどによる数々のアートプロジェクトを手掛けているミックスメディアプロダクション「COSMIC LAB」の代表・Colo Miuller(@ColoColoCosmic)さん(関連記事)。

 そんなColo Miullerさんが「超絶LEDマッピングが発狂してた」と表現しているように、視界全体に広がる複数の高層ビルがさまざまな色に染まり、眩しいほど明るく光る様子は圧巻で、まさにこれが本当のイルミネーションシティといった感じです。壮大さが桁違いだった……。


深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 眩しいほどの青色に光る高層ビル群

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 一瞬で鮮やかな赤色に

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 全体で絵のような表現も

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 花火もビルの中で打ち上がります

 この未来を感じさせるライトショーは、中国の改革開放40周年を記念したもので、中国のメディアによると9月28日から毎晩開催されているようです。また同記事によると150万セット以上のライトが使用され、建設には1億8900万元(約30億円)ほど、1回当たりの電気代は約839元(約1万4000円)ほどかかっているとのこと。


深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 180度以上に渡ってライトショーが展開しています

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 ぐるりと囲まれたライトショーの壮大さがすさまじい

 なお、LEDビジョンを販売・レンタルしている「LED TOKYO」の説明によると、深センのライトショーにはカーテンタイプの特殊なLEDが使用されているようです。各ビルの映像を連動させているのがまたすごい。


深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 いろんな形のビルがそれぞれ光っています

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 この未来感はすごい

 コメントでは「すごい」「完全に未来いってる」と驚く声が多く上がり、他にもそのサイバーパンクな見た目に「ブレードランナーの世界みたい」といった感想もみられます。また「生で見たい」という声も上がっていますが、年内(12月31日)まで開催されているようなので、興味のある人は現地を訪れてみるのもいいかもしれません。




画像提供:Colo Miuller(@ColoColoCosmic)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響