ニュース
» 2018年11月25日 14時50分 公開

「迫真の演技に拍手」 松井玲奈が“アイドルの面影ゼロ”の包帯グルグル姿、ドラマ「ブラックスキャンダル」で狂気のヒール役

目が離せないヒールぶりだった。【ネタバレあり】

[川上酒乃,ねとらぼ]

 元SKE48で女優の松井玲奈さんが11月22日、ドラマ「ブラックスキャンダル」(読売テレビ)の第8話で包帯でぐるぐる巻きの衝撃的な姿を披露。そのときのビジュアルがドラマ公式Instagramで公開されています。元アイドルの面影どこいった。

松井玲奈 山口紗弥加 松本まりか ブラックスキャンダル 阿久津唯菜 これは一瞬誰だかわからない……(画像は「ブラックスキャンダル」Instagramから)

 「ブラックスキャンダル」は、捏造されたスキャンダルにより芸能界を追われた女優の藤崎沙羅(松本まりかさん)が、整形して芸能マネジャーの矢神亜梨沙(山口紗弥加さん)となり、かつて所属していた芸能事務所の社長や自分を陥れた人物たちに復讐していくというヒューマンドラマ。松井さんは沙羅の後輩で芸能事務所の看板女優である阿久津唯菜役を演じており、沙羅が整形して亜梨沙に生まれ変わったことや過去のスキャンダルが捏造だったことなど全てを知る主人公の味方で復讐の協力者でした。

松井玲奈 山口紗弥加 松本まりか ブラックスキャンダル 阿久津唯菜 よき先輩後輩であった沙羅と結菜(画像は「ブラックスキャンダル」Instagramから)

 しかし、15日に放送された第7話ラストで結菜は、沙羅のかつての婚約者で亜梨沙とも恋仲になった芸能事務所社長の息子でマネジャーである勅使河原純矢(安藤政信さん)と婚約したことを公表。22日放送の第8話では、6年前から沙羅の恋人だった純矢に憧れていたこと、復讐を手伝ったのは結果的に自分と純矢の結婚を邪魔する人間を排除することにつながるため、そして、亜梨沙と純矢の恋を応援したのは2人がキスしているシーンを偶然見てしまって「ムカついたから」だと伝えました。女の嫉妬怖すぎる。

 亜梨沙に真実を告げて勝ち誇った笑みを見せていた結菜でしたが、亜梨沙と純矢がまだ逢瀬を重ねていることを知り、呼び出した亜梨沙を包丁で襲撃。もみ合いになった後、弾みで道に飛び出してしまった結菜は車と衝突してしまい、顔に大ケガを負ったために女優生命を絶たれてしまいます。その後、結菜は純矢が1人で行った婚約会見の場に車椅子に包帯グルグル巻きという姿で登場。報道陣を前に震えながら「私をこんな目に合わせたのは、そこにいるマネジャーの矢神亜梨沙です!」と叫び、さらに亜梨沙が沙羅であることを暴露しました。波乱すぎる展開だった。

松井玲奈 山口紗弥加 松本まりか ブラックスキャンダル 阿久津唯菜 お互いに理解者であったはずの亜梨沙と結菜。今は不穏な雰囲気しか感じない……(画像は「ブラックスキャンダル」Instagramから)

 包帯グルグル巻きになり迫真の演技を披露した松井さんに、視聴者からは「唯菜さん鬼気迫るものがありました!」「狂気じみてるけど迫真の演技に拍手と賞賛を玲奈しゃんに送る」「物凄い執念が感じられました」と絶賛する声が多く寄せられています。確実に演技派女優への道を歩んでるな。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.