ニュース
» 2018年11月28日 16時26分 公開

過去はどうあれ、未来はあるだろ? 実写ドラマ「カウボーイビバップ」、Netflixで配信決定!

アニメの監督を務めた渡辺信一郎さんはコンサルタントとして参加。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 人気アニメ「カウボーイビバップ」の実写ドラマがNetflixで配信されることが明かされました。さぁ、君も人生棒に振ってみないか?

カウボーイビバップ 実写 Netflix 渡辺信一郎 クリストファー・ヨスト ついに!!

 Netflixと米テレビ製作会社Tomorrow Studiosの共同製作となる実写テレビシリーズとして、全10エピソードを予定。脚本は「マイティ・ソー」シリーズなどで知られるクリストファー・ヨスト、アニメの監督を務めた渡辺信一郎さんはコンサルタントとして今作に関わります。

 「カウボーイビバップ」は、1998年に放送されたサンライズのSFオリジナルアニメ作品で、2001年には劇場版も公開。近未来の太陽系で賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を飛び回る通称“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎをなりわいとする主人公と個性豊かな仲間とによるハードボイルドでスタイリッシュで骨太な物語は、菅野よう子さんによる劇伴ともに国内外から高い注目と評価を集めました。最近では、2019年に発売予定のスーパーロボット大戦シリーズ最新作「スーパーロボット大戦T」への参戦も発表されています(関連記事)。

カウボーイビバップ 実写 Netflix 渡辺信一郎 クリストファー・ヨスト アニメは全26話(画像はAmazon.co.jpから)

 実写化については過去にキアヌ・リーブス主演で映画化も発表されていましたが、その後音さたがなくなりファンを悲しませていましたが、2017年6月には権利元のサンライズから実写テレビシリーズの企画開発をスタートしたことが正式に表明されていました(関連記事)。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた