ニュース
» 2018年12月06日 18時30分 公開

1920年代からやってきた電動バイク「Kosynier」が素敵すぎる ボードトラックレースマシン風に仕上げたレトロデザイン(1/2 ページ)

バイクの原型ができつつあった時代をイメージした電動バイク。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 1920年ごろに海外で人気を集めた「ボードトラックレース」のマシンをイメージした電動バイク「Kosynier」が、海外のバイク好きたちの間で注目を集めています。

電動バイク Kosynier ボードトラックレース ヴィンテージ 100年前のバイクをモチーフにした電動バイク「Kosynier」

 Kosynierを作ったのはポーランド人のマルチン&ミハル兄弟。今から約100年ほど前に北米で流行したすり鉢状のコースを周回して最速を競う「ボードトラックレース」に使われたマシンがモチーフとなっています。

 当時のバイクは「自転車にエンジンを載せました」という印象が捨てきれない見た目をしていましたが、これは現代的なバイクの原型ともいえる姿。ヴィンテージバイクが好きな人の中でも、かなり通な人向けのデザインといえます。

電動バイク Kosynier ボードトラックレース ヴィンテージ クロモリフレームにバッテリーやモーターを違和感なく搭載
電動バイク Kosynier ボードトラックレース ヴィンテージ 現代的なバイクの原型ともいえるデザインを再現

 フレームにはクロムモリブデン鋼という頑丈かつ重量感のある素材が使われており、本来はエンジンや燃料タンクが搭載されている場所にモーターやリチウムイオンバッテリーなどの駆動設備が設置されています。

 1000ワット、4000ワット、5000ワットの出力が違う3モデルが用意されており、航続距離は約70キロ。最高速度は時速50キロほどですが、これはリミッターによって制限されているとのこと。長距離ツーリングは難しいですが、日常のちょっとした買い物や短距離の移動であれば十分なスペックです。

電動バイク Kosynier ボードトラックレース ヴィンテージ マシンはハンドメイド。価格も非公開で個別にオーダーする必要があります

 マルチン&ミハル兄弟が作るKosynierはハンドメイドマシンであるため市販はされていません。また、価格も非公開となっているため、彼らのホームページから直接コンタクトを取って、見積もりを兼ねた依頼をする必要があります。

KOSYNIER - electric retro bike

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む