ニュース
» 2018年12月09日 11時50分 公開

「4人目が1番痛い」 辻希美が第4子男児を出産、過去には出血多量で生死をさまよったことも

ベテランでも命がけのお産。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントの辻希美さんが12月9日、第4子男児を出産したことをSNSで報告。出産に至るまでの大変さや痛みについてつづっています。

辻希美 杉浦太陽 第4子 男の子 三男 お手てがちっちゃくてかわいい(画像は辻希美Instagramから)

 辻さんは、8日に2655グラムの三男を出産。「命を授かり、産むという事は命がけであり、奇跡的だなと感じました」と4度目の出産でも変わらぬ感動を伝えており、「かなり賑やかになり、最初はてんてこ舞いになりそうですが、子ども達も赤ちゃんのお世話をする気満々だし 家族みんなで力を合わせて過ごしていきたいと思います」と子育てへの意気込みも寄せています。出産に関しては、「何度経験しても同じお産はない!」「何度経験しても痛いものは痛い!」とも。終わりの見えないつわりや、妊娠後期の泣きそうになるほどつらかったという骨の痛みなどを振り返り、「4人目が1番痛い」と本音を吐露していました。

辻希美 杉浦太陽 第4子 男の子 三男 仲良し辻ファミリー(画像は辻希美Instagramから)

 2007年11月の初産では、陣痛開始から24時間という長い時間をかけて長女を出産した辻さん。2010年12月に長男を13時間かけて出産した際には、出産後に出血多量で生死をさまようという事態に陥ってしまったこともありました。2013年3月に次男のときには、後産の痛みが強すぎて痛み止めが効かなくなってしまったことも。

 そんな大変な経験をへて、4度目の出産に挑んだ辻さん。同日にブログを更新した夫の杉浦太陽さんは「どの子にも、産まれてくるまでのストーリーがありますね…」とこれまでを振り返り、今回の出産では命がけで出産に挑む妻の大変さを一つずつ心に刻み込んだもよう。「一つの命が誕生する瞬間…本当に感動する…。産ぶ声を聞くと自然と涙がこぼれ落てくる…」と喜びを言葉にしています。

辻希美 杉浦太陽 第4子 男の子 三男 辻さんに感謝の言葉を贈っている杉浦さん(画像は杉浦太陽オフィシャルブログから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.