ニュース
» 2018年12月13日 07時00分 公開

日本国内のeスポーツ市場規模、2018年は前年比13倍の48.3億円に Gzブレイン推定

2022年には市場規模が99.4億円になると予測しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 『ファミ通』発行元でプロゲーミングチームを運営するGzブレインは、2018年の日本国内におけるeスポーツ市場規模は48.3億円と、前年比で約13倍も急成長したことを発表しました。


日本 国内 eスポーツ 市場 動向 規模 億 2018年 Gzブレイン 今年は前年比13倍の48.3億円に。2019年〜2022年までの年間平均成長率は19.1%と予測

 2018年2月の「日本eスポーツ連合(JeSU)」の発足とプロライセンスの発行開始を皮切りに、eスポーツに関する報道が急増(関連記事)。そして各テレビ局による関連番組が始まると、スポンサーシップに関わる収益が増大し、2018年時点での収益内訳では、広告費などの「スポンサー」の割合が全体の75.9%とほとんどを占めています。

 今後は、スポーツ選手権やゲーム会社主催のリーグ大会開催によるファンの拡大と、それによるeスポーツ関連の支出の増加などで、2022年には99.4億円に成長する見込み。また「チケット」「グッズ」「放映権」といった項目の成長も予測されています。


日本 国内 eスポーツ 市場 動向 規模 億 2018年 Gzブレイン 「フォートナイト」や「PUBG」といったタイトルのゲーム内課金も増加

 なお、eスポーツファン数(試合観戦・動画視聴経験者)は前年比で約66%増の383万人で、市場の大幅な拡大と比べると伸び率は緩やかなものの、テレビでの放送などの拡大で試合観戦の機会が増えることで、ファンもさらに増加することが見込まれるとしています。


日本 国内 eスポーツ 市場 動向 規模 億 2018年 Gzブレイン 同社は、国内のゲーム関連動画の視聴者は約2500万人と推計しており、現在はその約15%がeスポーツファンと算出している

出典:Gzブレイン



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」