ニュース
» 2018年12月13日 07時00分 公開

日本国内のeスポーツ市場規模、2018年は前年比13倍の48.3億円に Gzブレイン推定

2022年には市場規模が99.4億円になると予測しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 『ファミ通』発行元でプロゲーミングチームを運営するGzブレインは、2018年の日本国内におけるeスポーツ市場規模は48.3億円と、前年比で約13倍も急成長したことを発表しました。


日本 国内 eスポーツ 市場 動向 規模 億 2018年 Gzブレイン 今年は前年比13倍の48.3億円に。2019年〜2022年までの年間平均成長率は19.1%と予測

 2018年2月の「日本eスポーツ連合(JeSU)」の発足とプロライセンスの発行開始を皮切りに、eスポーツに関する報道が急増(関連記事)。そして各テレビ局による関連番組が始まると、スポンサーシップに関わる収益が増大し、2018年時点での収益内訳では、広告費などの「スポンサー」の割合が全体の75.9%とほとんどを占めています。

 今後は、スポーツ選手権やゲーム会社主催のリーグ大会開催によるファンの拡大と、それによるeスポーツ関連の支出の増加などで、2022年には99.4億円に成長する見込み。また「チケット」「グッズ」「放映権」といった項目の成長も予測されています。


日本 国内 eスポーツ 市場 動向 規模 億 2018年 Gzブレイン 「フォートナイト」や「PUBG」といったタイトルのゲーム内課金も増加

 なお、eスポーツファン数(試合観戦・動画視聴経験者)は前年比で約66%増の383万人で、市場の大幅な拡大と比べると伸び率は緩やかなものの、テレビでの放送などの拡大で試合観戦の機会が増えることで、ファンもさらに増加することが見込まれるとしています。


日本 国内 eスポーツ 市場 動向 規模 億 2018年 Gzブレイン 同社は、国内のゲーム関連動画の視聴者は約2500万人と推計しており、現在はその約15%がeスポーツファンと算出している

出典:Gzブレイン



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」