ニュース
» 2018年12月13日 17時30分 公開

「ひだ」「南紀」 JR東海、次期特急車両のデザインを公開、2022年デビュー予定

ハイブリッド方式の車両、2019年末に走行試験。飛騨・南紀地区の「和」のイメージを取り入れ。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 JR東海は12月12日、特急「ひだ」「南紀」で使用する85系気動車に代わる次期特急車両のデザインを公開しました。次期車両では、エンジンで発電した電力と蓄電池にためた電力を組み合わせてモーターを回すハイブリッド方式の車両を導入。2019年末の走行試験開始を予定します。

ハイブリッド方式の次期特急車両 ハイブリッド方式を導入する次期特急車両(試験走行車)

 デザインイメージは、飛騨、南紀地区をイメージした「和」。外観に「漆器の持つまろやかさや艶のある質感」を施し、先頭車の前面、上部、照明を滑らかな曲線形状を取り入れています。

ハイブリッド方式の次期特急車両 新型特急のグリーン車イメージ

 グリーン車は2×2列のシートを、沿線の新緑と美しい川、夕暮れの紫の空をグラデーションであざやかに表現します。

ハイブリッド方式の次期特急車両 新型特急 普通車のイメージ

 普通車のシートは沿線の紅葉と、祭りや花火の艶やかなイメージをグリーン車とは対照的な配色で表現します。併せて車両設備も快適性や利便性を追求した構成とし、全席に座席コンセント、全てのトイレを温水洗浄機能付き洋式便座にし、安全な行程、運行のための防犯カメラも備えます。

ハイブリッド方式の次期特急車両 新型特急の車両設備

 加速時はエンジン発電で蓄電池を充電し、減速時は回生ブレーキで発生した電力で同じく蓄電池を充電する、シリーズハイブリッド方式の仕組みと共に、重要溶接部を313系電車比で6割削減するという「一体成形の台車枠」、台車の振動状態を常時監視し、異常を迅速に検知する「振動検知装置」、車両の故障診断情報などを車両基地へ送信したり、ダイヤ乱れ時の運行情報を逐次取得し、客室に案内表示する「車両・地上間の双方向データ通信機能」などの新技術、設備も備えます。

ハイブリッド方式の次期特急車両 新型台車枠

 新型特急車両は、2019年末に試験走行車が完成予定。以後1年をめどにハイブリッド技術の確立に向けた基本性能試験や、長期耐久試験などを行い、2022年度にデビュー予定とする計画です。

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.