ニュース
» 2018年12月14日 19時50分 公開

東京でインフルエンザが流行開始 学級閉鎖は小学校ですでに73件 患者最多は荒川区で週6人超え

これから本格的な流行が予想されるので、予防を心掛けましょう!

[ねとらぼ]

 東京都でインフルエンザが流行し始めたことを、12月13日に東京都福祉保健局が発表しました。都内のインフルエンザ定点医療機関における「1定点における週の患者報告数」が、第49週(12月3日から12月9日)に流行開始の目安となる1.0人を超えたと報告しています。

都内インフルエンザ定点医療機関における「週の患者報告数」の推移

 インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しており、特に2017年は1月中旬〜2月上旬に50.0人/定点(週)を超えるなど大流行しました。2018年9月以降では、都内419カ所の定点医療機関における患者報告数が第49週に1.57人/定点(週)と初めて1.0人以上に達しました。今後、本格的な流行が予想されるため、感染を広げないための対策を心掛けるよう福祉保健局は呼び掛けています。

 9月3日から12月9日までに報告されている、都内の学校や社会福祉施設におけるインフルエンザの集団感染事例は108件。インフルエンザによる学級閉鎖は幼稚園で6件、小学校で73件、中学校で4件、計83件と、すでに2017年の3分の1近い数発生しています。なお都内で報告数が多い地域は、荒川区(6.29人)、大田区(5.00人)、中野区(3.30人)、杉並(2.94人)、板橋区(2.38人)、足立(2.05人)です。

2018年〜2019年シーズンのインフルエンザによる学校の臨時休業の状況

インフルエンザ流行分布マップ

 福祉保健局は対策のポイントとして、小まめな手洗い、休養・栄養・水分補給、咳エチケット(マスクなど)、適度な室内加湿・換気、予防接種(かかりつけ医と相談)をあげています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.