コラム
» 2018年12月19日 11時00分 公開

100年前は“激アツ”だったのか? 「宝塚歌劇」最初の公演はまさかの“あの童話”

どんな舞台だったんだろう……。

[ねとらぼ]

 女性だけで構成された歌劇団が、華やかな舞台を繰り広げる宝塚歌劇団。少女漫画を原作とした「ベルサイユのばら」は1970年代から繰り返し上演されており、同舞台のイメージが強い人も多いのではないでしょうか。

 ですが、宝塚歌劇が始まったのは、約1世紀前のこと。最初の舞台は、どんなものだったのでしょうか。

解説

 宝塚歌劇の最初の舞台が行われたのは、大正3(1914)年。博覧会の余興として無料公開したもので、その演目は桃太郎の鬼退治をテーマにした「ドンブラコ」「浮かれ達磨(だるま)」などだったとか。今の宝塚歌劇団からはイメージしがたい公演内容ですが、2カ月にわたって上演され、好評を博したといいます。

 この後、第一次世界大戦の影響で観客が入らなくなったり、関東大震災で劇場などを焼失したりといったトラブルに見舞われたものの、宝塚歌劇は発展を続け、大正13(1924)年には4000人を収容する「宝塚大劇場」が完成。こけら落し公演(劇場で最初の公演)では「カチカチ山」「女郎蜘蛛」などが披露されたそうです。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい