ニュース
» 2018年12月20日 11時30分 公開

秋元康全面協力のスマホ3Dクレーンゲーム「神の手」がサービス終了 Appleのアップデート停止処置が原因

神の手でもAppleの心はつかめなかった。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ブランジスタと子会社のブランジスタゲームが、2018年12月31日にスマートフォン用3Dクレーンゲーム「神の手」のサービスを終了すると発表しました。2016年6月18日のリリースから、約2年半のサービス提供となります。


神の手 秋元康 ブランジスタゲーム サービス終了 画像は神の手公式サイトから

 「神の手」はスマートフォン上でクレーンゲームをプレイし、景品を取れたら実際に家に届くのが特徴のゲーム。秋元康さんがプロデュースしており、AKB48などアイドルとコラボレーションした景品を目玉としていました。

 リリース前には投資家向けQ&Aの「『神の手』はリアルとバーチャルを融合させた設計」「コンテンツが素晴らしく面白いのです。まさに『神の手』です」といった回答内容が「リリース前からハードルを上げすぎている」など話題になりました(関連記事)。

 今回のサービス終了は、9月にAppleからApp Storeで新規ユーザーの受付とアップデートが一時停止されたことが直接の原因としています。アップデート停止後に「iOS12」がリリースされたことから最適化したサービスの提供ができなくなり、Appleと協議をしても長期に渡り合意に至らなかったため、「大変不本意ながらサービスの終了を決定」したとしています。

 今後はサービス終了までに利用しなかった有償ポイントを以下の日程で返金するとしています。

  • 所有有償ポイントお知らせ……2019年1月7日12:00以降予定
  • 返金申請期間……2019年1月7日〜2019年3月31日
  • 返金時期……2019年1月下旬より随時対応予定

神の手 秋元康 ブランジスタゲーム サービス終了 返金の流れ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.