ニュース
» 2018年12月23日 17時38分 公開

2018年のブラック企業大賞、三菱電機に ジャパンビバレッジ東京は「有給ちゃんと取らせろ賞」

一般投票による「市民投票賞」は財務省。

[ねとらぼ]

 ブラック企業大賞2018が12月23日に発表されました。三菱電機が大賞を受賞しました。

 三菱電機では長時間労働を原因として、社員5人が精神障害や脳疾患を発症し、2014年から2017年にかけて相次いで労災認定されました。うち2人は過労自死しています。

会場に受賞企業の関係者がいないので「代理の人」が賞状受け取り(ニコニコ生放送から)

 「特別賞」は日立製作所・日立プラントサービス。20代の労働者が長時間労働とパワハラにより精神疾患を発し労災認定された他、数百人のフィリピン人技能実習生を不正に働かせていたとして法務省から調査を受けました。

 Web投票と授賞式会場での投票による「市民投票賞」は財務省。事務次官による女性記者へのセクハラが各所で大きく報道されました。

 「有給ちゃんと取らせろ賞」(毎年「業界賞」など異なる名前で呼ばれる)はジャパンビバレッジ東京。違法な長時間残業があったとして労働基準監督署から是正勧告を受けた他、支店長が従業員に、正解しないと有給が取れないとして「有給チャンスクイズ」メールを送っていたと指摘されたことも話題となりました(関連記事)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.