ニュース
» 2018年12月26日 13時58分 公開

“恐竜×騎士”の組合せ最高か! スーパー戦隊43作目「騎士竜戦隊リュウソウジャー」3月17日スタートティラ〜

恐竜モチーフは「キョウリュウジャー」以来、4度目。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 スーパー戦隊シリーズ第43作目となる「騎士竜戦隊リュウソウジャー」が、2019年3月17日からテレビ朝日系で放送開始することが分かりました。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 騎士竜戦隊 リュウソウジャー 恐竜モチーフ スーパー戦隊 第43作 騎士竜の力で戦うシリーズ第43作「騎士竜戦隊リュウソウジャー」 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

 パワフルな「恐竜」と正義の色が濃い「騎士」をかけ合わせ、これまでにない恐竜戦隊を目指すという同作。戦隊メンバーは、ティラノサウルスの力を持つリュウソウレッド、トリケラトプスの力を持つリュウソウブルー、アンキロサウルスの力を持つリュウソウピンク、タイガーサウルス(架空の恐竜)の力を持つリュウソウグリーン、ニードルサウルス(架空の恐竜)の力を持つリュウソウブラックの5人編成で、それぞれ相棒となる恐竜=騎士竜の力を使いこなし、固有の剣=リュウソウケンを手にソードアクションを繰り広げます。さらに、騎士竜の力が込められたリュウソウルをリュウソウケンに装填すると、リュウソウルに応じた武装「竜装」をまとうことに。これがストーリーのカギの1つになりそうです。


 脚本はドラマ「遺留捜査」や映画「不能犯」などを手掛けた山岡潤平さん、パイロット監督は平成仮面ライダーシリーズを手掛けてきた上堀内佳寿也さんと、ともにスーパー戦隊シリーズは初めてとなる新鮮な顔ぶれです。


 恐竜がモチーフの戦隊は2013年の「獣電戦隊キョウリュウジャー」以来4度目。1992年の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」、2003年の「爆竜戦隊アバレンジャー」と、これまで約10年周期で戦隊化されており、恐竜人気の根強さがうかがえます。ネットでは、キョウリュウジャーもYahoo!リアルタイム検索で上位に浮上するなど話題を集めており、「これまでは10年単位で登場していた恐竜モチーフ戦隊が、かなり早めの登壇……楽しみだね!」「子どもにとってはまさに王道×王道な組み合わせ」と期待を寄せる声が多数あがっています。

獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウジャー(テレビ朝日公式サイトから) 「獣電戦隊キョウリュウジャー」以来(テレビ朝日公式サイトから)


イントロダクション

 石が地球に接近していることから、地球を捨てて宇宙へ脱出する。いつか地球に再び支配者として帰ってくることを言い残して。
 そんなドルイドン族とは別に、地球に残ったリュウソウ族。彼らは仲間の恐竜(=騎士竜)と共に邪悪なドルイドン族に対抗していた。巨大隕石の衝突により引き起こされた氷河期を乗り越えたリュウソウ族は、帰ってくることを言い残したドルイドン族に備え、仲間の騎士竜たちの力をリュウソウルという器に入れ、騎士竜と共に世界各地の神殿に封印したのだった。
 時は流れ、長い年月と宇宙の過酷な環境により戦闘力を極限まで高めたドルイドン族が、再び地球への帰還を開始した。古から地球を守りつづけてきたリュウソウ族、その中で選ばれた騎士であるリュウソウジャー。彼らがその使命に覚醒することで、邪悪なドルイドン族との戦いの幕が切って落とされる。
 「正義に仕える5本の剣(つるぎ)!」 ―― 決めセリフとともに色鮮やかな恐竜の力を身にまとう騎士たちが縦横無尽に敵をなぎ倒す。



ADAKEN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.