ニュース
» 2019年01月07日 14時50分 公開

フォロワー30万人の“爆髪赤ちゃん”、“グレイヘア”の近藤サトとパンテーン広告で「髪」コラボ

すてきなコラボ。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 P&Gのヘアケアブランド「パンテーン」が、流行語大賞にノミネートされた“グレイヘア”で話題の元フジテレビアナでフリーの近藤サトさんと、“爆毛赤ちゃん”の愛称で注目されているbabychanco(ベイビーチャンコ)ちゃんを広告に起用。公式SNSや朝日新聞の1月7日付の朝刊などで、“髪”コラボしたビジュアルを公開しています。

P&G パンテーン 近藤サト babychanco ベイビーチャンコ グレイヘア 爆髪 Instagram

 近藤さんは、2018年5月に白髪を染めずにテレビ出演したことで話題に。近年アラフィフ女性を中心に浸透し、雑誌やテレビ番組でも取り上げられている「グレイヘア」のアイコン的な人物です。一方のベイビーチャンコちゃんは、生後4カ月のときに母親がInstagramに写真を投稿したことがきっかけで、そのふさふさな髪が国内外問わず話題になりフォロワーも30万人に達するなど、ともにあるがままの姿が注目されています。

P&G パンテーン 近藤サト babychanco ベイビーチャンコ グレイヘア 爆髪 Instagram 近藤サトさん

P&G パンテーン 近藤サト babychanco ベイビーチャンコ グレイヘア 爆髪 Instagram ベイビーチャンコちゃん

 そもそものきっかけは、ベイビーチャンコちゃんの投稿を目にした海外の娯楽雑誌『People』が、「Get this kid a Pantene ad!(この赤ちゃんはパンテーンの広告に出演すべきだ!)」と紹介したこと。記事を見たP&Gのビューティー部門責任者がベイビーチャンコちゃん側にオファーしたことで企画が動いたようです。

P&G パンテーン 近藤サト babychanco ベイビーチャンコ グレイヘア 爆髪 Instagram 『People』の記事

 撮影は、緊張気味だったというベイビーチャンコちゃんに対して、近藤さんが髪をなでて落ち着かせてあげるたことで和やかに進んだもよう。近藤さんはベイビーチャンコちゃんについて、「爆毛を個性・自分らしさと捉えるかどうかは、彼女自身が今後の歩んでいくなかで向き合ってほしい。彼女にも『選択肢がある』ということに気づいてもらえたらいいのではないでしょうか。これからの成長が、1人のファンとしてもたのしみです」と語っています。

 パンテーンは、2人について「無意識に『こうあるべき』という固定観念にとらわれることも多い中で、自分を表現する様々な選択肢があること、個性を愛すれば素敵なことが起こるということを、髪を通じて教えてくれた存在です」としており、起用については「“グレイヘア”も“赤ちゃん”も広告モデルとしてコラボレーションすることは、パンテーンにとっても大きなチャレンジであり、意思表明であると感じています」とコメントしています。

P&G パンテーン 近藤サト babychanco ベイビーチャンコ グレイヘア 爆髪 Instagram 自分を指さすベイビーチャンコちゃん(babychanco Instagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」