ニュース
» 2019年01月08日 16時37分 公開

これ売ってくれぇぇ! ワイルドかわいい「ピックアップトラックのジムニー」爆誕 スズキやるな(1/2 ページ)

これは1980年代の「T○Y○TA」?

[agar,ねとらぼ]

 スズキがカスタムカーイベント「東京オートサロン2019」「大阪オートメッセ」での出展内容を予告しました。「ジムニー」「スイフトスポーツ」などの人気車種をベースとした3台のメーカー提案型カスタムカーを出展します。

人気の「ジムニー」「スイフトスポーツ」をメーカー自らカスタム 人気車種「ジムニー」「スイフトスポーツ」のメーカーカスタム車をオートサロンで披露(写真:スズキ、以下同)

 軽自動車ながら本格的なオフロード車としての走破性+武骨なデザインが人気の新型ジムニー(関連記事)。そのジムニーを「極限の状況下、厳しい自然の中を進んでいく力強さ」という何だかすごいコンセプトでメーカー自ら改造を施したのが「ジムニー サバイブ」です。

ジムニー サバイブ ジムニー サバイブ

 アウターロールケージや屋根上の装備、フロントに取り付けられたウインチなど、いかにもオフロードを激走するサバイバル仕様といった武骨な姿は、海外メーカーのフルサイズオフロード車のよう。とても軽自動車には見えないワイルドさを感じます。仮面ライダー某の変身強化カードのような車名もいかにも強そうです……。

 続いて、ジムニーの兄貴分となる普通車のジムニーシエラ(関連記事)は、車体後部をカットしたピックアップトラックに変身していました。

ジムニーシエラ ピックアップスタイル ジムニーシエラ ピックアップスタイル

 このピックアップトラックなスタイルに、ゴールドと木目調に塗り分けられたボディーカラー、ホワイトリボンタイヤを履いている風なタイヤ、丸目のヘッドランプ+ロールバー上並列4灯丸目ランプ……。1980年代に別メーカーのオフロード車種で見た記憶がよみがえってきそうなオールドスタイルっぷりが絶妙です。

 その一方で、ピックアップトラックとしては短く小柄なボディーからミニカーのようなかわいらしさもあります。純正オプションとして用意されている「SUZUKI」ロゴ入りのフロントグリルは、伏せ字にしますが「T○Y○TA」に変えてもだましちゃえそうです。

 コンパクトカー、スイフトのホットモデルとして“車重が軽くて、キビキビ走る”と評価がある新型「スイフトスポーツ」。このボディーカラーは、初代からイメージカラーとして使われているイエローを多くの人が連想するでしょう。

スイフトスポーツ イエローレブ スイフトスポーツ イエローレブ

 今回披露する「スイフトスポーツ イエローレブ」は、このチャンピオンイエローを進化させ、ショーモデル専用だという「高彩度イエローパール」という凝った塗装を施した特別車です。写真を見るだけでも、あざやかさや光沢感がグッと増した印象。これは実物を見てみたいですね。黒に塗り分けたルーフやホイール、車体のライングラフィックもスポーティーな雰囲気を高めています。このまま通常のラインアップに加えてほしいくらいです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる