ニュース
» 2019年01月18日 10時57分 公開

おいぃぃ、これ公道走れるんか! “超ちっちゃい”ミニカーバギー「next cruiser」に待望(?)のEV版(1/2 ページ)

これで街中走りたい。

[agar,ねとらぼ]

 あの超ちっちゃいミニカーバギー(関連記事)にEV(電動自動車)版「next cruiser EV」が登場します。価格は48万8000円(税別)、2019年3月に発売予定です。

「東京オートサロン2019」ブレイズブースで展示されていた実車 東京オートサロン2019で披露した新型「next cruiser EV」

 next cruiserはミニカー登録でナンバーを取得でき、公道走行も可能な四輪のミニカー。見た目はオフロードテイスト満載の本格派、でも49ccエンジンの“超ちっちゃい”レジャーバギーです。価格は39万8000円。都市型コミューターや趣味性の高い乗りものを送り出すブレイズが展開しています。

next cruiser EV next cruiser EV

 今回登場するnext cruiser EVは、next cruiserのパワートレインをエンジンから「モーターとバッテリー」に置き換えて、イマドキ仕様の100%EVにした進化モデルです。バッテリーは家庭用のAC100Vコンセントで充電可能。キーレスエントリーシステムやBluetoothオーディオなど想像以上に充実した機能も備えます。

 何といってもこのデザインとサイズ感がいい。座席は2人分(公道走行は1人乗車)。キャンプや観光地などでのお遊び用途や手軽な移動用にバッチリです。車体サイズは2100(全長)×1100(幅)×910(高さ)ミリ、重量は約150キロ。ハイエースや軽トラのほか、車種によっては軽ワンボックス(ハイゼットカーゴやエブリイバンなど)にも積載できるサイズだそうです。

本格派な運転席

 公道でも普通自動車運転免許があれば乗れます。公道走行は1人乗車に限られますが、小型ボディー、取り回しの良さ、充電しておけばいつでも乗れる手軽さを生かし、近所の買い物の足などにも使えることでしょう。街で乗ればかなり目立ちそうですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響