ニュース
» 2019年01月18日 13時03分 公開

余命3年……! 「安田大サーカス」クロちゃん、くも膜下出血待ったなしの脳動脈瘤発見で手術へ

これを機に健康に気をつけてほしい……。

[のとほのか,ねとらぼ]

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんが、動脈瘤(りゅう)の手術を行っていたことが明らかとなりました。過去、クロちゃんの生活習慣に警報をならしつづけてきた医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)の3時間スペシャルでその一部始終が放送されます。放送は1月21日。

クロちゃん 手術 動脈瘤 名医のTHE太鼓判 入院

クロちゃん 手術 動脈瘤 名医のTHE太鼓判 入院

 2018年10月に放送された同番組で、脳に直径7ミリの動脈瘤(りゅう)が見つかっていたクロちゃん。医師が手術を勧める5ミリを超えた7ミリは、破裂率が飛躍的に上がり、“くも膜下出血”の危険性が高まるとのことで一刻も早い手術が求められていました。

 慢性腎臓病や肝機能障害などの生活習慣病に加え、2018年2月には2型糖尿病と診断されていたクロちゃん。“余命3年”と宣告されるも、手術を渋っていたクロちゃんですが、2017年6月に高血圧による左脳室内出血で手術を受けたHIROさんの後押しもあり、手術を決意することに。

クロちゃん 手術 動脈瘤 名医のTHE太鼓判 入院 入院生活は約1週間

 3時間スペシャルでは、カテーテル手術を受けるために年明けから1週間の入院生活を送るクロちゃんに密着。故郷の広島からは心配した両親も駆け付けるなど、家族のやりとりも繰り広げられる予定となっています。

クロちゃん 手術 動脈瘤 名医のTHE太鼓判 入院クロちゃん 手術 動脈瘤 名医のTHE太鼓判 入院 ご両親も駆け付けた


 手術に挑んだクロちゃんは、「入院して多くの人に迷惑をかけてしまったし、助けられて、本当に健康を維持しなけゃいけないと思いました!」とあらためて反省。続けて、「これからは、健康といえばクロちゃんといわれるようになりたい。この気持ちは嘘じゃないしん!!」と決意を新たにしています。今回はうそじゃないといいな……。


(C)TBS




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた