ニュース
» 2019年01月22日 19時30分 公開

ポリゴンの名誉回復を――ポケモンショックを振り返る漫画が反響呼ぶ

事件の原因は光が明滅する演出なのだし、いつまでもキャラクターに責任を負わせなくても……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1997年12月16日放送のテレビアニメ「ポケットモンスター」で、過度な光の演出が多数の視聴者を体調不良に――後に「ポケモンショック」などの通称で呼ばれた、この事件を振り返る漫画をファンがTwitterで公開しました。事件の犯人扱いされたポケモン、「ポリゴン」の名誉を取り戻すために。


アイキャッチ アニメ版においてはタブー的な存在となってしまったポリゴン

 事件が起きたのは、ポリゴンの初登場回「でんのうせんしポリゴン」でのこと。作中で用いられていた、赤と青の光が激しく明滅する演出が、光過敏性発作を引き起こしたとみられています。これで何百人もの視聴者が体調不良を訴えて病院に搬送されたことは、放送の翌日から大々的に報道されました。


1P

 放送局のテレビ東京は、原因の究明と対策の確立ができるまで、同作の放送を休止に。番組は1998年4月16日に再開されましたが、当該エピソードは欠番扱いとなり、再放送やビデオソフト、ネット配信から除外。ゲストポケモンであったポリゴンは、以降のテレビアニメ版に一切登場しなくなりました。


2P

 そもそもポリゴン自身に非はなく、事件の原因はアニメ上の演出ではないか――作者のチャロス(@Cha_ros)さんは異を唱えます。にもかかわらず、進化形のポリゴン2やポリゴンZまでタブー扱いされているとも。


3P

 事件以降、「テレビを見るときは部屋を明るくしてテレビから離れて見てください」とテロップが出る習慣が根付き、NHKと民放連の「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」で、映像や光の点滅する手法についても規定が定められました。対策がなされた現代で、もうポリゴンがアニメに出ない理由はないはずだと、作者は主張します。


4P

 「だからポリゴンをアニメに出してほしい。ポリゴンが悪者ではないことを多くの人に知らせてほしい」――作者の訴えで漫画は結ばれました。リプライでは、「当時、ポリゴンもポケモンも悪くないのに、なぜここまで大人たちに悪く言われなきゃならないんだと思った」「リアルタイムで見ていたあのころ、勝手に頭の中でポリゴンが悪いと思ってしまっていた」「当時生まれていなかったので、ポリゴンがアニメに出ない理由を初めて知った」など、さまざまな反応がありました。

 チャロスさんによると、漫画を描いたきっかけはテレビ東京の特番「ポケットモンスターの平成史〜火曜から木曜、そして日曜へ〜」。見ているうちにポケモンが大好きだった子ども時代を思い出し、やがてポケモンショックのことが頭に浮かんだといいます。

動画が取得できませんでした
特番は公式YouTubeチャンネルにて1月31日まで期間限定公開中

 事件の詳細を知らなかったため、あらためてネットで調べたところ、ポリゴン自身に非はなかった事実を初めて知ることに。もし自分のようにポリゴンが原因と思い込んでいた人がいたら、検索で調べるきっかけになるかもしれないと思って漫画にしたそうです。


 「誰が悪者か」に意味はなく、「ポリゴンを悪者にしないでほしい」とだけ願うチャロスさん。「平成が終わるまでにポリゴンたちがアニメに出てくれたら普通に泣きます」と取材に答えました。


作品提供:チャロス(@Cha_ros)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」