連載
» 2019年01月24日 18時00分 公開

全人類がプリキュアになった日 「HUGっと!プリキュア」が示した「こうでなければならない」からの脱却サラリーマン、プリキュアを語る(2/3 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]

「こうあるべき」からの脱却

 「HUGっと!プリキュア」という作品では、「こうあるべき」「こうしないといけない」からの脱却が提起されていました。

 「女の子は、こうあるべき」。
 「男の子は、こうあるべき」。
 「お姉さんは、こうあるべき」。
 「社会人は、こうあるべき」。
 「育児は、こうあるべき」。
 「大人は夢を見ちゃいけない」。
 「子どもは、親の言う事をきかないといけない」。
 「自然分娩こそが正しいお産」。

プリキュア HUGっと!プリキュア 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 「帝王切開は正しいお産」を提示した第27話

 「HUGっと!プリキュア」で描かれた世界観は、そういったしがらみからの脱却を目指すものであり「個人が自由に選択できる世の中になると良いよね」という提起をしていたのではないのかな、と自分は思っています。

 同時にそんな「個人の自由」は決して良いことばかりではなく、つらく、残酷な未来が待っている可能性もあることを示唆したのもお見事な着地だと思います。

 野乃はなは言います。「生きるって苦しい。思い通りにならない。めちょっくなこといっぱいある」(※めちょっく=めちゃショックの略)。

 つらい現実が待っているかもしれない。それでも未来へ進みますか? 立ち止まりますか? そんな問いに、プリキュアは「仲間と一緒に、無限大の未来へと進む」道を選んだのです。


プリキュアは「友達がいない人」をどう救うのか?

 ただこの解決方法では、全ての人が救えるわけではありません。今作のプリキュアたちは「仲間と一緒に歩いていくこと」で、未来への一歩を進めました。

 今作に限らずプリキュアという作品では、ずっと「友達の大切さ」を描いてきています。

プリキュア HUGっと!プリキュア 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 友達がいるから、頑張れる

 それは当然ですよね。子どもたちへのメッセージとして「友達と仲良くしよう」は最優先されることです。

 では「友達を作ることができない、コミュニケーションが苦手な子どもたち」をどう救っていくのか? 「友達と一緒ならば未来へ進める」は「友達がいない人」を救えないのではないか?

 (※2014年「ハピネスチャージプリキュア!」ではその一端が描かれましたが、最終的には「仲間と一緒に」に収束していますよね)。

プリキュア HUGっと!プリキュア 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 仲間を大切にするプリキュアは孤独な人間をどうやって救うのか?

 もちろん「友達がいないのならば、勇気を出して作れば良い」と言うのは簡単ですけどね。

 それは次回作以降で、きっと提示されてくるのだと思います。プリキュアという作品は15年かけて、少しずつ子どもたちにさまざまな価値観を提示し、アップデートを続けてきたのです。野乃はなのように、一歩一歩、確実に前へ進んでいっているのは良いことだと僕は思うのです。


子ども向けアニメの果たす役割

 「女の子は誰だってプリキュアになれる」から「男の子もプリキュアになれる」になり、ついに「全人類がプリキュアになる」というところまで来ました。

 2000年代に入ってから日本における「ジェンダー観」は急速にアップデートされてきています。そんなジェンダー観の変容に対し、子どものころに見るアニメーションの果たす役割はとても大きいものだと自分は思います。

 多くの子どもたちは「プリキュアシリーズ」を見て、幼稚園でのお友達との会話がはじまったりして「子どもの社会」は大きく広がっていきます。

 プリキュアは子どもたちのためのアニメーションです。

 「なんでもできる、なんでもなれる」「あなたの未来は無限大」「つらいこともあるかもだけど、未来へと進もう」「プリキュアは諦めない」を子どもたちに提示し続けてきた「HUGっと!プリキュア」。

 その「なんでもできる」をうわべだけのきれいごとにしないために、性差から年齢差、ルッキズムや、家父長制から出産まで、多岐にわたる描写が必要だったのだと思います。

 難しい描写から逃げずに、やや大人向きと思えるすさまじく濃い内容を、直接的な表現でひたすら描いてきた「HUGっと!プリキュア」。

 そこで語られた言葉や表現は、まだ小さな子どもたちに完全には届いていないのかもしれません(だって大人でも咀嚼(そしゃく)するの大変ですもの。いや、でもそれは子どもをばかにしすぎでしょうか。子どもは大人以上にきちんと理解しているかもしれませんね)。

 そしていつの日か、子どもたちが大人になっていく過程で困難にぶつかったとき「あのとき、プリキュアはあんなことを言っていたな」って思い出してくれるのじゃないかと、僕はそんな未来に期待しています。

 プリキュアで育った子どもが、この先の未来を作っていくのです。

 「なんでもなれる、なんでもできる。輝く未来を抱きしめて!」は伊達(だて)ではないのです。

 さて、2018年「HUGっと!プリキュア」では全人類がプリキュアになりました。今や、人間にとどまらず妖精も、異世界人も、アンドロイドさえも、プリキュアになっています。

 そして2019年の新シリーズ「スター☆トゥインクルプリキュア」ではついに「宇宙」に進出です!

 宇宙人プリキュアも登場し、ますます盛り上がっていくプリキュア。もう、どうなっちゃうのか想像もつきません。

 とても、とても、楽しみですよね。

プリキュア HUGっと!プリキュア 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 2019年新シリーズ「スター☆トゥインクルプリキュア」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も