連載
» 2019年01月24日 18時00分 公開

全人類がプリキュアになった日 「HUGっと!プリキュア」が示した「こうでなければならない」からの脱却サラリーマン、プリキュアを語る(3/3 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

 あ! 数字的なことを書こうと思って忘れていました。

 主に「HUGっと!プリキュア」が放送された2018年は、プリキュアに関する数字は「何もかもが絶好調」でした。

 少しだけ、HUGっと!プリキュアが残した数字を見て、終わりにしたいと思います。


ほとんどの数字が、2017年を上回る

 2018年のプリキュアは観測されるほぼ全ての数字が上向いています。

 世帯視聴率、KIDS視聴率(※2018年は11月までの平均値)は、ともに前年を上回りました。テレビ離れが進む昨今、視聴率が前年を上回るのは本当にまれなことなのです。

プリキュア HUGっと!プリキュア 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ※世帯視聴率:2018年は11月までの平均値、KIDS視聴率:2018年は11月までの平均値(ビデオリサーチ社調べ。平均値計算は筆者によるもの)

プリキュア HUGっと!プリキュア 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ

 おもちゃ、アパレル、文具などの指標であるバンダイナムコのトイホビー売り上げも2Q(4月〜9月)までで2017年を13億円上回る51憶円。東映アニメーションの国内版権売り上げも、2Qまでで昨対125.3%と、大きく伸ばしました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ

 また、春と秋に上映されている映画も、初動2日間の興行収入が2作連続で「最高収益」を出し、特に秋映画「HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」(「・」はハートマーク)は興行収入11億円を突破し、秋のプリキュア映画では「歴代最高の収益」になることが確実な状況となっています。

 観測できる数字的にみれば、まさに「文句のつけようのない」1年となりました。


プリキュア絶好調の要因

 では、そのプリキュア好調の要因は何だったのでしょうか? 個人的に思うことは下記の通りです。

  • 1:プリキュア15周年

 2018年はプリキュア15周年イヤーとして、さまざまな戦略的な展開が行われました。東京の主要駅に大きな広告を出したり、原宿の限定ショップや、コラボカフェ、15周年記念ライブ開催、「秋映画のギネス記録認定」など、さまざまな展開がなされました(関連記事:プリキュアはあと100年続く 「HUGっと!」から「スター☆トゥインクル」へ、1年の振り返りと“2018年の奇跡”

  • 2:メディア戦略のうまさ

 15周年でのメディアの露出に加え「HUGっと!プリキュア」本編が「意欲的に攻めた」内容であったため、これもまた各種メディアが大きく取り上げることとなりました

 「プリキュアが育児と仕事を両立」「プリキュアの敵がブラック企業」「男の子だってお姫様になれる」「帝王切開は正しいお産」「初の男の子プリキュア誕生」……。

 これら社会的なメッセージ、ジェンダーやLGBとTへの言及ともとれるさまざまなメッセージを、比喩ではなく「直接的」に描くことにより話題となり、新聞や雑誌、Web媒体でも大きく取り上げられることとなりました。

  • 3:作品の力

 もちろん「子ども向けアニメーション」として、子どもに向けたメッセージや、キャラクターのかわいさ、玩具の出来の良さ、年間で飽きさせない展開など、子ども向けアニメーションとしての基本がきっちりとできていたことも、好調の要因であったものと思われます。

 もちろん数字が全てではありませんが、数字の好調さは社会が「HUGっと!プリキュア」を受け入れてくれている1つの指標ではあると思います。

 さて、「HUGっと!プリキュア」が終わってしまうのは本当に寂しいのですけど、「スター☆トゥインクルプリキュア」が始まることはとても楽しみです。

 この時期のプリキュアファンは、寂しいような、楽しみなような、もう本当に複雑な心境になるのですよね……。


「HUGっと!プリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション

関連キーワード

子供 | アニメ | 声優 | プリキュア


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も